てくてくソロキャンプ~DREUXに行ってきました!~

とうとう全国ロックダウンになってしまったフランス。

学校はすべて休校。状況はどんどん悪くなってきている??

春のパック、バカンスシーズンですが、家でゴロゴロしていても仕方がないので、キャンプの練習のためにソロキャンプに行ってきました。

まずはモンパルナス駅。DSC_1255

 

 

バカンスに行く人、パリを脱出する人でいっぱいです。

 

今日はEURE-ET LOIRE県のMAINTENONに行こうと思っていたのですが、なぜか電車がない??駅員さんに聞くと1時間後に出発とのこと。が、待つこと1時間・・・、でも電車が来ない⁈ なぜ??いつ来るの??

ワタクシ、ここで、3分後に出発するDREUX行のN線に衝動的に飛び乗ってしまったんですね。で、出発。プ~~。

DREUXという街についてはほとんど知りません。ノルマンディとパリの間にある、大きな教会がある歴史ある大きな街。車で近くを通ったことがあるけど・・・、まあ何とかなるでしょ。

DREUXとかMONTRGISとかCHANTILLYとか、ほんの少しだけイル・ド・フランス地方の境から出た街の切符って、皆さんはどうしているんでしょうか?NAVIGOがあればイル・ド・フランス地方内の電車運賃は無料ですが、ほんの少し外に出た区間分の切符はパリでは買えないんですよね。窓口で聞くと、『一度降りて、窓口で追加区間分を買え」とか言われるし・・・。

結局タダ乗りしてDREUXに着きました。イエーイ!ひやひやしたぜい。DSC_1256

 

駅の前の一本道を下りていくと街の中心の教会。

DSC_1257

DSC_1258DSC_1259DSC_1262

 

 

 

 

 

おーー、いい感じの街。

DSC_1260DSC_1261

 

こういう木組みの家ってなんていうの?ハーフチェンバー??

 

 

DSC_1263DSC_1267

 

行政上はCENTRE地方ですが、ほとんどノルマンディですね。

 

 

今日は土曜日なので観光局が開いているのでGO!

近くにキャンプ場がなかったらそのままパリに帰ろうと思っていたのですが、6㎞離れた街にキャンプ場がありました。

ここの観光局のお兄さんがめちゃ親切な人で、一生懸命キャンプ場までの道を説明してくれて、『6㎞あるけど大丈夫か??』『歩けるか??』なんて聞いてくるのね。

へっへっへっ ワタクシ、毎週30㎞超を歩いているてくてくマスターだから、6㎞なんて、へっっ、なんでもないですよ~、プップップ~~。

てくてくてく。花がきれいだったね。

DSC_1269DSC_1270DSC_1274

 

 

 

 

 

DSC_1276DSC_1278

菜の花がいっぱい。

もうすぐ春が来るね。

5月になれば一面黄色になるかな?

 

DSC_1277

 

 

これがEURE川の支流のAVRE川。

 

DSC_1323こんな看板があるのはなぜ??『私有地』『釣り禁止』

先週行ったアルプスにはこんなせこい看板はなかったけどなー。

DSC_1279

これが今日のキャンプ場。街の中心にあります。

DSC_1287DSC_1288

 

 

 

 

 

まずはテント設営。DSC_1281

キャンプ場の回りはこんな感じ。

DSC_1282DSC_1285DSC_1286

 

 

 

 

 

このテント、DECATHLONで29ユーロで買ったテントだけど頑張ってるよなー。

DSC_1283

 

お昼、夕ごはん兼用ごはんがこちら。

うーーん、おいしい。

このキャンプ場は静かで、ワタクシみたいに静養で来るキャンパーには最高。プールはないけど、とにかく空間が広くて静か。

こういうキャンプ場は1500~2000€/年で年間を通して使えて、けん引タイプのキャンピングカーの駐車場兼セカンドハウス、として使っている人が多いみたいね。

DSC_1307DSC_1308DSC_1310

 

 

 

 

 

セカンドハウスかー、憧れちゃうよね。

今日、ワタクシがやってみたかったテーマがこれ。

『気温5度で快適なテント泊はできるのか?』

であります。

今日のパリの最低気温は5度。でもこれって、パリが5度だから地方だともっと寒いはず。

今日ワタクシはファンヒーターを用意して、これを一晩中使えば快適に寝れるはず、と思っていたのだ。うっひっひっ、オレ様って頭いい~~。

このファンヒーターをテント内で使うと、テント内の気温は20度超になってめちゃ暑かった・・・、なので、普段使わない温度調整のつまみを回したところ・・・、止まってしまいました・・・・。あれ??あれれ??

はじめは温度が上がりすぎてサーモスタットが止まったのかと思ったのですが、30-1時間たっても動かない・・・。なぜ??たたいても動かない・・・・。。がーーーん。

でも眠くなったのでそのままZZZZZZZZZZZZ.

夜23時、04時、08時に目が覚めたのですが、テント内の温度は3度くらい。トイレに行った時、車のフロントガラスや屋根が凍っていたから外気温はマイナス1~2度くらいかな?

でも今回大活躍したのがこれ。DSC_1318

キャンピングガス。

こいつをテント内で点けると温度が18度くらいになるのね(※酸欠で死なないように注意)

あったかーーーーい。焚火をしてるみたい。

で、またお酒を飲んでZZZZZZZZZZZ。

——————————————————————————————————

おはようございます。うーーん、寝た寝た。

寒くて寝れなかった、てことはなく、ぐっすり寝れた。でもキャンピングガスがなかったらけっこう悲惨なことになっていたかもしれない・・・。

気温が低いって、わりとカバーできるかも、余裕で寒さはたいしたことなかった・・・かな?雨や風のほうがキャンプではつらいかな?

今日は別に予定もないので、ゆっくり起きて朝・昼兼用のごはん。

DSC_1320

 

キムチチゲ。

おいしーーー。

このスープは鶏ガラからとったスープなのよん。

朝からこんなの食べんの?と言われそうですが、食べるものが多すぎて昨晩食べきれなくて朝ごはんがコレになりました。

うーーん、おなかいっぱい。

12時ごろキャンプ場を出発。

てくてくてく。

DSC_1321DSC_1322

 

 

 

 

歩いていたら一台のバンが止まってくれたんですね。

『おい、兄ちゃん、どこまで行くんだ?乗ってけ。』だって。

イエ――――イ!ありがとうございます。

最近、ワタクシ、ヒッチについているよな。今回はワタクシが親指を立てていたわけじゃなく、勝手に止まってくれたのよ。

乗っていたのは10分ぐらいだけだったけど、フランス人ってこんなに親切なのね。こういうのって超うれしいよねー。これもワタクシの人徳のせいなのか⁈それともワタクシのお尻が魅力的すぎるのか⁉

あー―っという間にDREUXに帰ってきました。

さすがに2回タダ乗りは気が引けるので、DREUXの駅でHOUDAN行きの切符を買いました。(4,4€)

DREUXを出発するとどーーーーっとコントロール隊が来ました。7人くらい。かなり捕まっていましたね。うーーん、なるほど。始発はやばいのね。しらなかったよん。

これがHOUDANの街。

DSC_1331

 

DSC_1329DSC_1333DSC_1336

 

 

 

 

 

DREUXと同じような街、ほとんどノルマンディ地方。

街の中を歩いたのは初めてです。

DSC_1338

 

ドンジョンが大きいね。

以前は城壁がすごかったんでしょうね。

 

 

ビュー―ンとパリに帰ってきました。

お疲れさまでしたー。

———————————————————————————————-

☆☆☆てくてくキャンプの良かったところ☆☆☆

  • キャンプ場が静かでよかった、すばらしい、安い。
  • DREUXには初めて行ったけど、ほとんどノルマンディ地方。パリからわずか1時間。
  • 田舎の人は親切!
  • ガスコンロは最高に役に立った。

 

★★★てくてくキャンプの良くなかったところ★★★

  • キャンプ場まで6㎞の道がわかりづらい。
  • 温風ファンヒーターはまったく役に立たなかった。

————————————————————————————————-

=============てくてくキャンプの費用============

  1. キャンプ代金+電気代 14,77
  2. SNCF TER DREUXーHOUDAN 4,4€

ーーーーーーーーーーーーーーーー

TOTAL 19,17 € でした。

楽しかったねー。

今回も食べきれない、飲みきれない旅でした。

テント泊は慣れればたいしたことないよー。

気温が上がれば今シーズンも楽しみ~!

満ちゃんのてくてくソロキャンプでした。

ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>