アルプス てくてくトレッキング~CHARTREUSE自然公園に行ってきました!~

皆さんお元気~?イエーイ! ロックダウンの中、何してるのーー??

ところで、皆さんに質問です。

“アルプスとはどんな山ですか?知っている山は何??”

チ チ チ、プ~~

わかった??

日本人がイメージするアルプスは、シャモニーから見た4810mのモンブランとか、スイスのツェルマットから見た4478mのマッターホルンなどではないでしょうか?

Mont-Blanc 4810m, vue depuis le domaine des Aiguilles Rouges | Vallée de  Chamonix, Alpes, France | Location de v… | Paysage montagnard, Paysage  montagne, Mont blanc                絶景の連続!ゴルナーグラートから歩いて望むマッターホルン | スイス | LINEトラベルjp 旅行ガイド

この2か所は世界的な山の超スーパーリゾート地ですから、本当に素晴らしい場所で、ガイドブックもたくさんあります。でもそのほかにも近くて低くて安い、味わいのある山はあるのよん。

『てめー、少し知ってるからって、えらそ~に言ってるんじゃねーよ!』

と怒られてしまいそうですが、ワタクシの場合は「フランス専門」「近場専門」「弾丸専門」でありますから、日本で言うと、高尾山に日帰りでビールを飲みに行ったり、1泊2日で尾瀬沼とか日光とか六甲に行って温泉に入って帰ってくるとか、そんな感じですかね??

でもこれでもトレッキング、山歩きなのですよ。

ヨーロッパの場合、名物のそばとか温泉とかはほぼないのですが、逆に何もないほうが楽しかったりするのよね。観光地じゃないし、人も少ないし。

先週のトレッキングが楽しかったので、今週もおかわりトレッキングに行ってきました。

まずは3月27日【土】00:30分、ベルシーのバスターミナルからFLIX BUSでLYONに向けて出発です。

お客さんは3割くらい。ビューンと飛ばして05:50分にLYON着。

本当なら直通でGRENOBLEまで行くはずだったのだが、FLIX BUSは出発の前日にLYON-GRENOBLE間の直通バスがキャンセルになったので、LYONで乗り換えて、次のバスまで3時間ほど待たなければならなくなったのです。

前日にドタキャン、て、FLIX BUSもひどいことするよなー。バス会社もコロナ禍で大変なんでしょうね。

しかたがないのでLYONの街へてくてくGO!

DSC_0994これが朝のソーヌ川。家の色使いがシャンベリーや北イタリアに似ていますね。

ワタクシが行きたかったのはリヨン旧市街です。

動画は→(こちら

 

リヨンの街には何度も来ているけど、いつもスキーの帰りで夜なので昼間にゆっくり歩いてみたかったのです。

これがマリオネット博物館。

ギニョールと言って、パリにも公園なんかにありますが、リヨンがオリジナルだそうです。

DSC_0998DSC_0999DSC_1000

 

 

 

 

 

旧市街にはおいしそうなレストランが多いね。ビストロはリヨンではBOUCHON LYONNAISというのですが、ぱりではなかなか食べられない地方料理がいっぱい。ワタクシ、レストランのメニューを読んで歩き回るのが好きなのですが、うーーん、さすがに美食の街・リヨン、ワインも素晴らしい。

グルノーブルなんて地方料理が何もないからピザとビールだもんね・・・。

BOUCHON LYONNAIS 動画は→(こちら

旧市街にある謎のSNCFの駅がこれ。DSC_1013

GARE DE SAINT PAUL。

終点が書いてありますが、ローカルすぎてどこかわかりません。たぶん北西方面の駅だと思うのですが、鉄道は確かリヨンが発祥の地だからけっこう古い駅なのかも。

 

東に向かっててくてくてく。

DSC_1019

DSC_1020DSC_1021

 

 

 

 

 

次に向かったのが、↓この人の名前がついたLES HALLES DE LYON PAUL BOCUSE

DSC_1024

DSC_1025 料理界のレジェンド、カリスマですね。

来たことはあったけど、いつも夜だったから中に入ったことはなかったのです。

 

朝7時からオープンしている、ということなので中に入ってみると・・・・、

DSC_1026DSC_1028

あれ?あれれ?

ほとんど閉まってる?

 

朝早すぎた?

とりあえずトイレ。DSC_1030

最近はCAFEが閉まったいるから、行きたくなくても必ず行くようにしているのよん。

 

 

DSC_1031

DSC_1033DSC_1036DSC_1038

 

 

 

 

 

DSC_1040

商品の品ぞろえを見ると、肉、チーズ、魚など一流品というのがすぐに分かった。コロナの中、これだけの品ぞろえはなかなかできない・・。

ガイドブックには”LYONの胃袋”とか”LYONの台所”とか書いてあるけど、庶民がトリュフやフォアグラやキャビアなんて朝市で買わないでしょ?

ポールボキューズの名に恥じない本物、一流の食材をそろえた市場でした。

動画は→(こちら

すべて閉まっていたけどレストランスタンドが多いのよ。食べてみたかったな――。少しだけ3つ星レストランで食べるような本物の食材が食べられるなら高くないよね。

 

てくてく駅に向かって歩いていると朝市がありました。

DSC_1044DSC_1045DSC_1050

 

 

 

 

 

このゆるーい感じが庶民の朝市。でも食材は珍しいものはありません。

てくてく駅に帰って、グルノーブルに向かってFLIX BUSでGO!

約2時間、10:50分にグルノーブルに着きました。イエーイ!毎週グルノーブルだぜい!

いつものチケット売り場に行くと、今回の目的地・シャルトルーズ自然公園のST.PIERRE DE CHARTREUSE行のバスは12時39分発。約1時間半時間があるので、ワタクシは駅のすぐ近くにあるアラブ人街ST.BRUNOにGO!

ちょうど土曜日の朝市をやっていたのですが、とんでもないドグマというか混沌としたカオスというか・・・。危険すぎてカメラが出せなかったので写真はありません。

びっくりしたのが、いわゆるフランス人がいないこと。ほとんどがたぶん北アフリカ、モロッコ・アルジェリア・チェニジアの人と黒人と、少しだけ中国人。なんでも安いよね。これが庶民の台所。よくわからないスパイスとかいっぱい売っているし。なんかよくわからないおいしそうなアラブのパティスリーなんか売っているし。エネルギーがすごいね。羊の頭とかも売ってます。

今日の朝は超高級市場のポールボキューズに行って、ST.BRUNOの市場にくると天国と地獄というか、ピンとキリというか。パリ9区のギャラリーラファイエットグルメ館からパリ18区のアラブ人街バルベスの朝市に行ったような気分。でもそれはそれでコスト&パフォーマンスがおもしろい。

12:30分のバスでST.PIERRE DE CHARTREUSEに向かってGO!

お客さんは5人だけ。ビューンと飛ばしてST.LAURENT DU PONTの街で5分休憩。この街から終点のST.PIERRE DE CHARTREUSEまで行ったのはワタクシ一人だけでした。
この約9㎞のGORGES DU GUIERS MORTの谷がすばらしかったねーー。

動画は→(DSC_1055

動画は→(こちら

この間ドライバーさんとの楽しいおしゃべりタイム。ワタクシがいつものようにこの地方をほめてほめてほめちぎってパリのことをけなすとドライバーさんは喜んじゃってねー。田舎の人って、パリのことを悪く言うとすごく喜ぶのよね。

この写真はドライバーさんがわざわざ橋の上でバスを止めてここを写せというので撮った写真です。DSC_1057

あのね――、タクシーじゃないんだからこんなことしていいの??と言ったら、お客はお前さんだけで、絶対に遅れないからだいじょうぶだー、だって。ハッハッハッ、ありがとうございます。

13:45分にST.PIERRE DE CHARTREUSEの街に着きました。

DSC_1069この街からは去年近くまで行った2082mのCHAMECHAUDEがどかーんと見えますが、南側から見るのと北側から見るのとでは全く違う山のようです。

昨年のレポートは→(こちら

 

 

この街にはスキー場があるのですが、今シーズンはリフトが止まったまま終わってしまったんですね。

DSC_1065

DSC_1074DSC_1064DSC_1073

 

 

 

 

 

 

商売にならないね。でもこのスキー場はみどりコースが少ないし、スノーパークがないし、そりのコースもないし、初心者には楽しくないかな?中上級者の1~2日スキーにBEST。

DSC_1062これが料金表。

一日リフト券が26ユーロです。

動画は→(こちら

 

 

今回の目的地、ST,PIERRE D’ENTREMONTはここから11㎞北ですが、峠越えです。たいしたことないでしょ~、と思っていたのですが・・・。てくてくてく。だんだん雪が多くなってきました。

DSC_1075DSC_1077DSC_1078

 

 

 

DSC_1079

 

これが2060mのGRAND SOM。

山頂にガスがかかっています。

 

 

1時間歩いただけでワタクシはヨレヨレ。暑い・・・、めちゃ暑い・・・。

周りは雪が深くて、林道のGR9は歩けないくらいなのですが、Tシャツもシャツも汗でびしょびしょ。なぜこんなに暑いのーー?! ノルディックスキーをやると雪の中で汗びっしょりになりますが、それと同じですね。

そんな時はこれでしょう!DSC_1080ガソリン入れなきゃ―。

くーー、おいちい。しみるぜー。キンキンだぜー。 うーん。元気になった。

ここからは雪の中、T シャツ1枚でGO!

DSC_1081

これがCUCHERON峠(1139m)

DSC_1082やった―、あとは下りだけだーDSC_1086

 

 

 

 

てくてくてく。だんだん雪が少なくなってきて、いくつか村を通ります。

 

DSC_1099これなんだろうなー??と思ったら、どうやらパン窯みたい。

だいたい洗濯場の横にあるのですが、昔々、パン屋さんもなかったころ、村の共同体でパンを焼いていて、村人がみんなで食べていたんでしょうね。

 

これは水飲み場。この水は今でも飲めます。まろやかでおいしいー。

DSC_1096

DSC_1105

 

 

 

 

 

 

DSC_1094この看板、何だかわかりますか?

これは「ヒッチハイク停留所」の看板です。

今回のランドネで20か所以上この看板を見ることになるのですが、山の交通が不便なこの地方全体でヒッチハイクを奨励しているみたい。(先週行ったVERCOUS地方にはこんな看板はなかった)

おーー、すばらしいアイデア。田舎の人は親切だからね。こちらも恥ずかしがらずに堂々とヒッチハイクをしてもいいのだ。

こんなアイデアはパリではむりだろうな、あぶないよな。違う意味に?理解されそう・・。パリのポートマイヨーあたりでヒッチハイクしたら、『ねえ、森に行きましょう。素敵な場所があるのよ、ウフフ。オニヴァ、オニヴァ♡」とか言われそう・・・。やばいかも。

てくてくてく。

17時頃目的地のST.PIERRE D’ENTREMONTに着きました。お疲れさまでしたー。

DSC_1114今回泊まったのはGITE。民宿です。

 

DSC_1118これが今回泊まった民宿。

これがすぐ前の様子→(DSC_1115

 

 

 

オーナーの家と民宿が別になっていて、15人ぐらいは入れる食堂には冷蔵庫、電子レンジ、電気コンロ、食器、何でもそろっていて自由に使えました。

おーー、これならキッチン付きでHOTELとかわらないじゃーん!頼めば夕食も朝食も作ってくれます。

DSC_1119部屋はこんな感じ。

質素ですが、一人だと全然OK。

独立したトイレとシャワー洗面台。

 

窓からは1867mのPINET山がどーーんと見えます。

 

DSC_1122

シャワーをあびてさっぱりして街ブラにGO!

DSC_1127これが目の前にある1429mのROCHE VEYRAND。

このくらいならワタクシにも行けるかな?

 

 

 

東に行くとST MEMEの渓谷。DSC_1126いつか行ってみたいCIRQUE  DE  ST MEME→(こちら

 

DSC_1129この街はこの川を挟んでISERE県とSAVOIE県の県境なのですが、どちらも同じ名前です。

日本だとあまりないよなー、山形蔵王と宮城蔵王みたいな?でもこれは地方の名前だし、東京二子玉と神奈川二子玉みたいな??そんなのないか。

 

部屋に戻って山を見ながら夕食。焼酎をちびちび飲んでいたら山から満月が出ていました。

DSC_1138おー月見酒だぜー。DSC_1145

 

 

 

 

 

以前、エクラン国立公園でもこんなことあったよなー。

レポートは→(こちら

20:00ごろには眠たくなっておやすみなさーい。ZZZZZZ

——————————————————————————————-

3月28日【日】

うーーん、寝た寝た。

DSC_1146

 

これが朝8時のPINET山。

 

 

 

DSC_1149

ボケーっとお茶を飲んでいたら朝日が出てきました。

おーー、今日もピーカンだぜ。

 

 

DSC_1148

 

今日の朝ごはん。

ラーメンライス。

普段はほとんどインスタントラーメンを食べることはないのだけど、山だと食べるのよね。

冷えたご飯をスープに入れると、うーーーん、おいしい。

9:30に出発。(この日から夏時間だったのに、時計を1時間早くするのを忘れていた)

西に向かっててくてくてく。DSC_1161DSC_1150

 

このGUIERS VIFの谷はめちゃめちゃ深いので音はするけど本流はほとんど見えません。でも支流の小さな川がいっぱいあって楽しい。

 

1231mのPOINTE DE THIVELET、かっこいいよね。

この地方にはこんな無名の山がいくらでもあります。

DSC_1159DSC_1160

 

 

 

 

 

しかし谷が深いよなー。

DSC_1162

道路のわきにはこんなのがたくさんあります。

日本で言うとお地蔵さんですね。

谷の深さは軽く100m以上ありますから、冬に凍結した道路でスリップして谷底に落ちたら絶対に助かりません。

DSC_1158

 

DSC_1167

 

これがPAS  DE  FROUの谷。

少しわかりにくいのですが、写真中央~下に川が流れているのがわかりますか?

岩に穴が開いているのが道路です。

てくてくてく。

村がいくつか見えてきました。

花もいっぱい咲いています。DSC_1173

 

 

 

DSC_1187

DSC_1185

 

 

 

 

 

DSC_1174これが2026mのGRAND SOMと1704mのPETIT SOM。

この角度から見るのが一番きれいでした。

このあたりの牛はカウベルをつけているので、カラン、カラン、と音がして、ハイジの世界ですねー。

 

DSC_1184DSC_1192

 

 

 

 

 

てくてくてく。西へ。

ENTRE DEUX GUIERSとLES ECHELLESの街に着きました。

久々の街。商店があるぜー。

DSC_1190DSC_1196DSC_1197

 

 

 

 

 

この街も川を挟んでイゼール県とサボワ県の県境です。

DSC_1191DSC_1189

 

 

 

DSC_1193お昼になるとすぐ近くにある両岸の教会の鐘がコロンコロンなります。

 

 

 

DSC_1194これはサボワ県の道路。

サボワの人ってこのマークが好きだよね。

 

 

 

南に向かっててくてくてく。

GUIERS MORTの河原でお昼ごはん。

だーれもいません。DSC_1203

 

DSC_1204

お昼ごはんはレトルトのカレー。

DSC_1206 DSC_1207

 

 

 

 

川の水でレトルトカレーとご飯をガスコンロで温めて、いただきまーす。

鳥のさえずりを聞きながら・・・。

川のせせらぎを聞きながら・・・。

キンキンに冷えたビールと熱々のカレーライス。

見上げれば、満開の花と雪をかぶったGRAND SOMの山。

うーーーーーん。おいしいー。しみじみおいしいぜい。

最高の贅沢。来てよかった!

DSC_1209
この川ではニジマスと岩魚が釣れるようです。DSC_1208

 

ニジマス 23㎝、岩魚 35㎝以上ってけっこう大きいよね。

これで晩ごはんOKぐらいの大きさですよね。

てくてくてく。川沿いの道を歩いて・・・。

DSC_1210DSC_1212

 

 

 

 

 

ST.LAURENT DU PONTの街に帰ってきました。DSC_1213

これで2日かけてGRAND SOM2026mの周りをぐるーっと回ってきたわけですね。

しかし、見る角度によって全然違う山に見えるのよね。

この街はよくわからないけど上品な街、歴史ある避暑地みたいな街です。

VOIRONをめざして西へてくてくてく。

県道は車がビュンビュン走っていて交通量がけっこうあるので楽しくありません。

DSC_1218

DSC_1219DSC_1221

 

これがロッククライミングで有名なCROSSEYの谷。

 

 

こんな断崖絶壁がずっと続いています。地下に潜ったりするみたいね。とてもじゃないがワタクシにはできません。

ESCALADE GORGES DE CROSSEY 動画は→(こちら

里は花が満開でした。

DSC_1223DSC_1225

 

どーーんと立っているのは1920mのGRANDE SUREの山。

 

この山を横目に見ながらてくてくてく。

ついにVIIRONが見えてきました。DSC_1228

 

 

おーーすごく大きな街。

CHARTREUSE地方では一番大きな街です。

DSC_1230

 

これが街のシンボル、VOIRONの教会。塔が可愛いよね。

 

 

DSC_1232

 

18:22分にゴールのVOIRON駅に着きました。イエーイ!

完走おめでとう!

TIMEは約9時間。距離は約30㎞でした。

 

まずはお店を探してお疲れ様ビール。DSC_1234

 

 

くーー、おいちいーー。体にビールがしみるぜー。

 

1時間ほど街をぶらぶら。

DSC_1235DSC_1237

 

上品な街だね。

 

 

 

VOIRONはお酒のCHARTREUSEやハーブ入りのお酒の産地としても知られていますが、駅の近くに買えるような焦点はありませんでした。

CHARTREUSE 動画は→(こちら)

VOIRONーLYON間はTERで1時間5分。本数も多いのでバスと違って安心。ビューンとLYON PART DIEU駅に着きました。

いつものようにPERRACHE駅までてくてくてく。

途中にはアラブ人街と中華街がありますがやばい感じがピリピリ。パリでいうとベルヴィルみたいな場所ですね。

DSC_1238

 

 

これが夜のローヌ川。

リヨンの街には大きな目印になるビルやライトアップされた教会が目に入るので夜でも歩きやすい街です。

 

帰りのFLIX BUSはお客さんは15人ぐらい。人数が揃ったので15分前に出発。ワタクシは一番うしろの席に座ったけど、一人で5席独占して横になって寝てパリまで帰ってきました。うーーん、楽ちん。

今回も食べきれない、飲みきれない旅でした。

お疲れさまでしたー。

———————————————————————————————

☆☆☆CHARTREUSEてくてくトレッキングの良かったところ☆☆☆

  • 地域全体でヒッチハイクを奨励しているのはすばらしい。
  • 泊った民宿がすごくよかった。また行きたい。
  • ST.LAURENT DU PONTとST.PIERRE DE CHARTREUSE間のLE GUIERS MORTの谷は川が道路のすぐ近くを流れていてすばらしい、次回は歩いてみたい。

★★★CHARTREUSEてくてくトレッキングの良くなかったところ★★★

  • FLIX BUSは前日にドタキャンしておいて、払い戻し金を3ユーロしかくれなかった。
  • 民宿の宿にタオルがなかったので借りたら2枚で4€だった。(でも宿泊サイトではタオル有と書いていた)
  • 里に下りて県道を歩くと車がビュンビュン横を通るので楽しくない。

 

=======================================================

===今回のトレッキングの費用===

FLIX BUS 26,70€

バス GRENOBLE~ST.PIERRE DE CHARTRES 6€

SNCF VOIRON~LYON 19.30€

民宿 44€+タオル代4€

ビールとポテチ 5€

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TOTAL 99 €でした。

イエーイ!100€切り!

今回も楽しかったねー。また行きたい!

次回はもう少し長く、2~3日で。もちろんヒッチハイクと自炊で。ウッヒッヒ、また楽しみが増えたぜい。

満ちゃんのCHARTREUSEてくてくトレッキングでした。

ちゃんちゃん。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>