アルプス てくてくトレッキング~VERCOURS自然公園に行ってきました!~

とうとう3回目のロックダウンに突入したパリ。

対象になったのは、パリがあるイルドフランス地方とその北部のベルギー国境までのほぼすべて、と、ニースがあるアルプ・マルティム県の全部で16県です。

基本的に外出は禁止。生活に必要でない商店はすべて閉店、6人以上で会うことは禁止、外出は自宅から10㎞以内で外出の際には許可証の携帯が義務付けられます。ドライバーも許可証の提示が求められ、違反した場合は135ユーロの罰金。オフィスには8㎡に1人のみ、食事は最低2M離れて…等々。

くそーーーー、やっと春めいて花も咲いてきたのに、このタイミングでロックダウン。

しかし、一日中部屋の中でうだうだしているオレ様ではないのだ。へっへっへっ。パリをこそこそーーーと脱出してしまえばいいのだよ。オレ様、頭いい~~。

というわけで、3月20日の土曜日にベルシーのバスターミナルから出発。

DSC_0827

 

いつもなら人がいっぱいいるのに今日はガラガラ。ということは、ほとんどのバスがキャンセルになったということですね。(BLABLABUSは全便キャンセルになったようで全くありませんでした)

 

DSC_0829

DSC_0833

バスは2回トイレ休憩をして7:00にグルノーブル着。

お疲れさまでした。

 

 

グルノーブルのバスターミナルは、いつもスキーバスに乗る若者でいっぱいなのですが、今はスキーバスが出ていないのでガラー―ンとしています。

まずは駅の中にあるチケット売り場でバスとTERのチケットを購入。

DSC_0830

 

VILLARD DE LANS行きのバスは7時40に出発。ビュー―ンと雪の中を飛ばしてVILLARD DE LANSのバスターミナルに着きました。

DSC_0835DSC_0839

 

 

 

DSC_0840

おーー2年ぶり、VILLARD DE LANS。前回来たときより雪があってコンディションGOODじゃん。2年前のレポートは→(こちら

DSC_0855DSC_0856

 

2年前にこの山で滑ったわけですね。

でも今年はリフトもロープウェイも動いていません。

 

バスターミナルの横には朝市が出ていたのでさっそくGO!

DSC_0841

DSC_0844DSC_0845

 

特産のクルミとブルーチーズ。

あとははちみつぐらいかな?特産物って。

 

VERCOUS山地の南側だとずいぶん違うんだけどね。

メインストリートは市役所の横。

DSC_0859DSC_0861DSC_0862

 

 

 

 

 

そりのパークはOKみたいでした。

 

DSC_0847

 

気温はマイナス1度。でも天気がピーカンだから全然寒くない。

今日スキーやったら最高のコンディションなのになーーー。

 

これがキャンプ場。DSC_0869でもこのチェーンのキャンプ場って高いのよね。ワタクシ、夜のスペクタクルなんていらないし。

ローターを回って西に向かっててくてくてく。

周りはこんな感じ。DSC_0877

 

 

けっこう雪があります。

いよいよ本日のメイン、GORGES DE LA BOURNEへGO!

動画は→(こちら

うひゃー、すごいねー、何これ⁈

動画はこちら→(DSC_0888)(DSC_0908

川もびっくりしたけど、一番びっくりしたのが”つらら”!

DSC_0892DSC_0898

 

 

DSC_0891

DSC_0896DSC_0899

 

つららの雨、というか、つららのカーテン、というか・・・。

 

DSC_0904

すごいのよん。大きいのだと1m50㎝くらいあるのね。これはたぶん車の屋根に当たりますね。トラックなんかだとバキバキバキ、みたいに・・・・。

DSC_0894

岩のトンネルを通って・・・。DSC_0909

動画は→(こちら

DSC_0910DSC_0911DSC_0914

 

 

 

 

 

 

けっこう歩いて疲れたので、川面に降りて休憩。DSC_0920

くうーー。ビールがキンキンに冷えてやがるぜい。

DSC_0917DSC_0919

 

 

 

 

 

この川の水がめちゃくちゃ冷たいのよ。20秒で手がしびれるくらい。雪の中に突っ込んだシャンパンもおいしいけど、なーんにもない山の中でキンキンに冷えたビールもおいしいよね。

うーーん、最高の贅沢。来てよかったぜい。

すぐ横にはこんな洞窟がありました。DSC_0921

 

 

VERCOURS山地は戦争中にこんな洞窟の中でレジスタンス運動をやっていたのだ。

DSC_0929

てくてくてく。お昼ご飯は川のほとりでいただきます。DSC_0937

 

 

 

相変らず川がすごいねー。

DSC_0953DSC_0955DSC_0957

 

 

 

 

 

 

水力発電もいっぱいあります。

これがCHORANCHEの洞窟。動画は→(こちら

県道からGR9に入って、これがCHORANCHEの公園。だーれもいません。

DSC_0959DSC_0963

 

DSC_0964

 

 

 

 

この川は水がすごくきれいでニジマスが釣れるらしいけど、釣り人を一人も見ないのはなんで??

GR9はこんな感じ。

DSC_0965

DSC_0966DSC_0967

 

 

 

DSC_0969

DSC_0970

これが特産のクルミの木。

 

このあたりの岩山は400-500mぐらいどーーんと切り立っています。

 

こういう山って日本にはないよね。圧力感がすごい。ちょっとロックで登れません、みたいな。

この川の向こうがはDROME県。日本で言ったら、どこかな??群馬と長野の県境みたいかな。

てくてくてく。これが観光地、PONT  EN ROYANS(動画は→(こちら))

道路から見るとこんな感じですが、DSC_0973

 

DSC_0978

 

 

 

 

 

裏から見ると川に面した岩の上に家が建っています。

DSC_0974DSC_0976DSC_0977

 

 

 

 

 

 

川面からも家の中に入ることができて、この家は11階建てだそうです。うひゃー、すげーー。でもなんでこんな場所にわざわざ家を建てるのかな??うーーん、よくわからん。

西に向かっててくてくてく。ここで急に天気が悪くなってきました。ピーカン天気だったのに!?日がかげると急に寒くなることは山ではよくありますが、風も強くなってきて雲もだんだん嫌な感じ・・・。暗くなるのがパリより早いよね。

ここでワタクシの心の中にも黒い雲がもくもくもく・・・。

●今日は18時46分までにSNCFの駅に行って電車に乗らなければいけないのだが、大雨が降ってきたら動けなくなる??

●最悪乗り遅れたら次の電車でグルノーブルまでは行けるが、パリに行く夜行バスは減便でない・・・。

●最終のパリ行きのTGVを当日買うと120ユーロぐらいする・・・。

うーん、こまったこまった。

ここでワタクシは重大な決断をしたのだ。

へっへっへっ、ヒッチだよ、ヒッチハイクしかないじゃん!

今までいろんな国でけっこうやってるから、実はワタクシはけっこう自信があったのだ。

右側通行のフランスの場合だと道路の右側を歩いて左手の親指を立てるのがヒッチハイクのサインになるのですが、”コツ”としてはですねーー、左手の腕を曲げたり伸ばしたりすることでしょうか。気合ですね。

止まれー、

止まらんかいー、

止まりやがれーーこのやろーー。

歩くこと約10分、1台の車がウインカーを出してくれました。

うおーーー、と猛ダッシュして大きく手を振るワタクシ。

※ここでちんたら歩いていたら逃げられることがあるのよん。

車に乗っていたのは女性3人組。どこまで行きたいの??というので電車のチケットを見せたら、『えー?こんな駅あったっけ??でもそんなに遠くないわよー』との答え。

あーー、助かった――。

結果的には車に乗っていたのは10~15分ほどでしたから、歩いても行けたんだろうけど・・・。でもだんだん天気が悪くなってきて、知らない土地だったから助かったよん。

車内の10~15分は楽しいおしゃべりTIME。彼女たちもヒマだったんでしょうね。「どこから来たの?」「パリジャン??」「パリのロックダウンはどうなの??」などなど。

ワタクシもお礼にこの地方・ドローム県、ヴェルコール地方のことを食べ物や飲み物や自然などをほめてほめてほめちぎって、今年のバカンスはここで決まり!みたいなことを言ったら、

『あー―、あなた、外国人なのになかなかわかってるわね――よしよし』みたいな反応で喜んでいただけたようです。結局駅までおくっていただきました。

ありがとうございます。いやいやお姉さま3人組、たすかりましたー!

DSC_0981

 

これが駅、というか停車場。自販機もありません。

結局予定より1時間早い電車に乗ってグルノーブルに帰ってきました。

お疲れさまでした。

時間があったので街をぶらぶら、焼酎を・ちびちび。

DSC_0982

 

これがワタクシが去年行ったST,EYNARDの山。

やはり雪が残っていますね。

去年のレポートは→(こちら

 

しかしグルノーブルもさびれているよねー。ロックダウン地区じゃないのに・・・。たぶんフランス全土がこんな感じなんでしょうね。

今夜、ワタクシは行きたいところがあったのだ。

グルノーブルの宿泊検索サイトで見ると、駅の近くに激安21ユーロで停まれるホテルがあるのだが、いったいどんなホテルなのか見てみたかったのよん。

で、行ってみると、つぶれていました・・・。

DSC_0983じゃあ、サイトに出すなよな――。あぶないあぶない。でも21ユーロでだまされても訴える人なんていないかな?

皆さん、甘い話には気をつけましょう。21ユーロでは絶対に泊まれません。

バスは20:45分にグルノーブルを出発。LYON22:10分着。

本当はグルノーブルからパリへ行く直通バスがあったのだけど、ロックダウン発表後に減便になって、LYONで乗り換えないとパリまで帰れなくなったのだ。

バスはほぼ満席。バスの車内で一人ずつ検温チェックがありました。

ビュー―ンと飛ばして05:15分にパリ着。

お疲れさまでしたーー。

——————————————————————————————————————–

☆☆☆VERCOURS トレッキングの良かったところ☆☆☆

  • バスの接続がよいので時間に無駄がない。
  • とにかく天気がよかった。日が出ていると雪の中を歩いていても全然寒くない。
  • GORGES DE LA BOURNEは歩くのにすばらしいところだった。でも車で行くと川面が見えないから多分よくわからないと思う。
  • ビールがめちゃめちゃおいしかった(またこんなビール飲みたい!また来週!)
  • 山の人はとにかく親切。ヒッチもあっさり停まってくれた。

 

★★★VERCOURS トレッキングの良くなかったところ

  • 満席の夜行バスはコロナ対策ってしてるの?スリルがありました・・・。
  • 朝市の特産品がたいしたことなかった。おいしそうだけど、買えない。
  • 春山のトレッキングで30㎞超のコースはワタクシには少し長すぎた。17時までには終わるようにしないとね。

—————————————————————————————-

===アルプス てくてくトレッキングの費用===

パリ~グルノーブル バス往復 29,98€

グルノーブル~VILLARD DE LANS バス 6€

ST HILAIRE ~GRENOBLE SNCF TER  12,40€

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計48,38€ でした。

今回も食べきれない、飲みきれない旅でした。

あーー、今日も一日めいいっぱい歩いて楽しかったねー。今年はスキーに行けなかったけど、雪が見れたからまあいいか。

満ちゃんのアルプスてくてくトレッキングでした。

ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>