PARIS~RAMBOUILLET間 てくてくウオーキングに行ってきました!

去年、2020年3月から活動休止状態になっているJジョギングクラブ。

ワタクシ、1年前に、これからフランスはどうなっていくんでしょうか?、なんて書きましたが、どうにもなりませんでしたねー。

現在でもパリはレストランは持ち帰りのみ、美術館、映画館、コンサートなど人が集まることは禁止、6人以上集まってはいけません。もちろんマラソン大会もほぼすべて中止。

Jジョギングクラブのイベントも1年間で秋のキノコ狩りが1回のみ。うーーん。これはしばらくはマラソン大会はムリじゃないかな?

でもね。一人でもスポーツはできるのよ。

というわけで、トレッキングの練習を兼ねて、お城がある古都・ランブイエを目指してウオーキングに行ってきました。イエーイ!

まずは3月7日【日】朝7時にノートルダム寺院前から出発です。

DSC_0616DSC_0622

 

 

 

 

 

日本では地図の起点は東京の日本橋だそうですが、フランスではノートルダム寺院前が起点です。

ここからランブイエまでは約45㎞。行くぞー、うりゃーー。とスタート。

西に向かっててくてくてく。

DSC_0620

DSC_0624

DSC_0628

 

 

 

 

 

DSC_0631

DSC_0632DSC_0638

 

 

 

 

 

朝のセーヌ川は美しいよね。人は少ないし。

今日の天気は晴れ。最低気温2度、最高気温9度だそうです。これくらいのほうが暑いのよりずっと歩けます。

 

 

DSC_0640セーヌ川を渡って南へてくてく

 

 

 

 

DSC_0642サンクル―の朝市を抜けると・・。

 

 

 

 

DSC_0644PORET DE ST.CLOUD。ここで8時40分。

 

 

 

 

ノートルダム寺院~1時間40分。ここからパリの外れになります。

てくてくてく。

DSC_0645DSC_0651

ブーローニュビアンクールの橋を渡ると焼き物で有名なセーブルの街。

 

 

 

ここからベルサイユまでCHAVILLE 、VIROFLAYと上品な街が続きます。歩いている道はパリとベルサイユを結ぶ古い街道ですが、歴史的な建造物はほとんどありません。

てくてくてく

ベルサイユの街に入りました。DSC_0652

 

 

 

確か人気マラソン大会の”パリ~ベルサイユ”は16㎞くらいだよな・・・、でもあの大会は坂がエグイのよ。

ベルサイユ宮殿は閉まっていました。いつもは大型バスでいっぱいのパーキングもガラガラ。

DSC_0655RER C線のベルサイユ駅でちょうど11時。

ここまで4時間かかったわけですね。

 

 

 

王の菜園の横をてくてく。

ここは秋に行くとおもしろいよ。動画は→(こちら

DSC_0656これがスイス池。この周りをジョギングすると気持ちいいよ。

てくてくてくてく 西へ。

 

 

いつもガリー農園に行く時はST.CYRの街ではパリ~ニースという自転車の大会をやっていて、チームの車やTV局の車がいっぱい。

DSC_0662プロ選手が乗っている自転車ってすごいね。めちゃ速そう。これを買うとすごーく高いのよ。DSC_0661

 

しかしマラソン大会が中止なのになんで自転車の大会はOKなの??プロの大会だから?

PARIS~NICE 動画は→(こちら

てくてくてく。ST.QUENTIN EN YVELINESに入りました。

DSC_0663ここは人工的に作られた新しい街です。

 

 

 

 

DSC_0666)←これがサンカンタンの池。1周すると約8㎞。イル・ド・フランス地方で一番大きな池です。

この池のBASE DE LOISIRには波の出るプールもあります。

夏の暑い日に子供と遊んでピクニックするには最高。動画は→(こちら

ここでお昼ごはん。13時ごろ。DSC_0667

 

 

ちょうど6時間歩いたわけですね。

ビールとおにぎりと巻物のお昼ごはん。くうーーー。ビールがしみるぜいい。こんなピーカンなお天気で池のほとりでピクニックできるなんて最高だぜーー。

 

しかしここでワタクシはあることに気づいたのだ。

地図を忘れてきてしまったのよん。がーーーーーん。あちゃーー、どうやって行くのよー。

すぐ横の国道10号線をまっすぐ行けばランブイエに行けるのは知っているけど、こんなオートルートみたいな道路は歩けません。

ワタクシ、ここであっさりランブイエへ行くのはあきらめて、RER B線があるCHEVREUSEに目的地を変更。まあ何とかなるでしょう。

お昼ごはんのあとはすぐ近くにあるキャンプ場へGO!

ここにキャンプ場があるのは知っていたのだが、行ったことがなかったのだ。キャンプ場の入り口から中を見てみると、中は荒れ放題で草がボーボー。ジプシーの子供や家族が20-30人ほどいて入り口に立っているワタクシに向かってわけのわからない言葉で『てめーなに見てんだよー、あっち行けよー』みたいなことを言ってくるのね。さすがにカメラも出せずすぐにその場を離れました。

いやいやびっくりしたぜい。でもキャンプ場なら荒れていても水場はあるしトイレはあるし、街の中に出てこられるよりは管理しやすいのかな?

すぐ近くにはパリ日本人学校があります。

DSC_0669

 

 

 

この学校はパリの日本人社会がどんどん大きくなっていった1980年代にここに移転してきたのですが、定員がMAX500人と聞いてことがあります。

2021年には何人ぐらいの子供が学校に行っているんでしょうか?今は子供が少ないからね。単身で来る人が多いし。半分くらいはいるのかな?

 

すぐ近くにあるのが自転車の聖地 VELO DROME。

動画は→(こちら

やっぱり日本も英国やフランスみたいにこういう室内施設を作らないとオリンピックでメダルは取れないよな。すごくお金はかかるけど、日本の自転車選手って競輪場で練習するけど、日本のバンクは400m(たまに330m)だからね。国際大会だと250mだから全然バンクの角度がちがうのよ。川崎の競輪場で練習してもね・・、ちょっとね・・・。

いつもは中に入れるのですが、今日はコロナウイルスのワクチン接種会場になっていて中に入れませんでした。うーん残念。

MONTIGNY BRETONNEUXの街に向かってGO!

おー!バイクで来たことはあるけど歩くのは初めて。ショッピングセンターも大きいし、すべて新しい建物、新しい街。

ところが15分歩いたら道に迷ってしまいました。

あちゃーー、どこを見ても同じように見えるのね。

だめだーこりゃーー、と回れ右をしてMONTIGNY BRETONNEUXの美しい駅に着いたのが14時くらい。

パリのモンパルナス駅に帰ってきたのが15時くらいでした。

お疲れ様でしたーーー。

今日は結局約7時間、28㎞ほどを時速約4㎞でてくてく歩いたわけですが、練習だからまあこんなもんでしょう。でも山に行くと標高差があるからね。こんなに楽じゃないのよ。

今日は天気も良かったし楽しかったね。

マラソン大会がなくても一日楽しめたてくてくウォーキングでした。ちゃんちゃん。

 

2020年度レポート

11月7日 第5回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

————————————————————————————-

11月1日 第4回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

————————————————————————–

10月31日 第3回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

————————————————————————-

10月25日【日】 第2回フォンテンヌブローキノコ狩りハイキングレポート(by ≪満≫)

—————————————————————————–

10月25日【日】~フォンテンヌブローキノコ狩りハイキング~第2回 レポート

——————————————————————————–

10月18日【日】~フォンテンヌブローキノコ狩りハイキング~第1回 レポート

—————————————————————————-

フォンテンヌブローキノコ狩りハイキングの下見に行ってきました!

—————————————————————————–

10月4~5日 アルプスてくてくランドネ~シャトルーズ山地 グルノーブル→SAPPEY間を歩いてみました~

———————————————————————————-

VILTAIN農場 野菜収穫ハイキングの下見に行ってきました!

————————————————————————————-

8月23~24日 てくてく親子キャンプ~PARISから50㎞の古都MELUNに行ってきました!~

—————————————————————————————

8月15~16日 ちゃりちゃりソロキャンプ~最高級のワインの畑を見にブルゴーニュワイン街道に行ってきました!

————————————————————————————-

8月9~10日 てくてくソロキャンプ ~フォンテンヌブローの森 横断ランドネ~に行ってきました!

————————————————————————————

こがれのスキー場に行こうと思ったら、アルプスてくてくトレッキングになりました!

————————————————————————————

3月7日【土】 ブルゴーニュ地方 NUITS ST-GEORGES セミマラソンを走りました!

————————————————————————————

3月1日【日】 フランドル地方 北の首都・LILLE5㎞レースと美術館に行ってきました!

————————————————————————————-

2月16日【日】 ”LES FOULÉE DE CHARENTONNAISE”を走りました!

————————————————————————————–

2月1~3日 弾丸旅行研究会~ALPE GRAND SERRE スキー旅行に行ってきました!~

——————————————————————————————-

1月26~27日 弾丸旅行研究会~危機一髪☆スキー旅行LE GRAND BORNANDに行ってきました!~

—————————————————————————————-

1月18日【日】 新年会ご参加ありがとうございました +【おまけ】『☆新春特別企画☆《満》ちゃんのどーでもいい話~1970・80年代 英国POPミュージック作品集~』

——————————————————————————————

1月1日(水・祝) サーカスで新年会

第5回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

相変わらず外出禁止令が出ているフランス。全くコロナ感染者が減っていません。

しかし、一日中家の中でうだうだしているのも精神衛生上よくないので、今週も、11月7日土曜日にフォンテンヌブローの森へキノコ狩りに行ってきました!イエーイ!

最近は毎週森へ行っているから、コントロールをほとんどやっていないのも知っているし、慣れてきたよん。

まずはいつもの朝08時のパリ・リヨン駅。先週は人がいっぱいいたのに今週はガラー――ンとして、メチャメチャ人が少ないです。コントロールもやっていないようでした。

いつもは08時16分発のR線に乗るのですが、通常より発車が10分ほど後になって、08時27分発。しかも森の停留所には停まりません。

DSC_9253

そりゃーそうだろうね。先週は2回とも森で下りたのはワタクシ一人だけだったしね。

電車はしゅるしゅるーと出発。09時00ごろにフォンテンヌブローの駅からランドネスタート。

森の中は誰もいません。てくてくてくてく。

いつもの森の停留所を目指しててくてくてくてく。約4㎞あります。

しかし、ないねー、きのこが・・・。先週まではチラホラあったのに。

てくてくてくてく、約4㎞、森の停留所まで歩いてもきのこはゼロ。

がーーーーん。こんなにないの?先週はけっこう取れたのに。まるっきりないわけじゃないんだけど、食べられないキノコばかり。

DSC_9256

DSC_9258DSC_9260

 

 

 

 

 

DSC_9261DSC_9264DSC_9271

 

 

 

 

 

 

DSC_9269DSC_9274DSC_9288

 

 

 

 

 

ちなみに今日11月7日のキノコ狩りのテーマは

  • 『キノコのシーズンはどのように終わるか?』
  • 『来年のJジョギングクラブのキノコ狩りは新コースでできるか?』

です。

気温が下がって霜が降りるとキノコは死んでしまう、というのは知っているけど。先週はフォンテンヌブローの朝の気温が0度前後というのが数回あったから、たぶんきのこのシーズンももうすぐ終わり、それはわかっているけど、実際に見に行きたかったのでございます。

”ジョギングクラブのキノコ狩りの新コース”はなかなか難しいのよん。たぶん数十人になったら長いコースは歩けないし、へたれるし、子供もいるし、群生ポイントがないとつまらないし・・・・。やっぱり歩くだけじゃなくてキノコが採れないと楽しくないでしょ?

前の年から見ておかないと人を案内できないのよん。

きのこがぜーんぜんないので、先週行った群生ポイントにGO!

晩秋の森の中って毎週違うよね・・・。先週とも全然違うもんね・・・。

落ち葉がすごいので、よく見ていないとコースを間違ってしまいそう。

DSC_9291

DSC_9292DSC_9294

 

 

 

 

 

先週みつけたボレの群生ポイント。ここにはまだきのこがありました。

あー、よかった。ここだけでビニール袋いっぱいに採れましたが、先週より元気がありません。ぐにゃぐにゃしてるし。少し黒くなっているかな?

DSC_9290

セップやボレには、晩秋の時期にはキノコの裏側にナメクジがついていたりしますから、必ずチェックして採ったその場で取り除きましょう。ナメクジはすぐに取れます。

裏側に小さな虫がついているようなキノコは採ってもムダなのですぐに捨てましょう。

ここは自然の森の中だからね、スーパーで売っているキノコとは違うのよん。

今日は時間があるので、きのこを取ってすぐに下処理しました。

DSC_9283まず裏側がきれいなボレ。

 

 

 

 

DSC_9284裏側のスポンジを取るとこうなります。

 

 

ホットケーキをカッターで切っているような感触。

 

下処理はなるべく森の中ですぐやったほうがいいです。

てくてくてくてく、いつものコースを駅に向かってGO!

しかしないねー、きのこが。岩場コースを通ってTOUR DE DENECOURSに着いたのが12時30分ごろ。あーー、つかれたーー。

DSC_9289

いつもは賑やかなこの場所もだーれもいません。

軽ーくパンを食べて、ポケットボトルのブランデイをちびちび。

もうここから先はキノコが採れないからもういいのだ・・・。

あー、森の中で飲むお酒はおいしいねー。今日はいっぱい歩いたし。

フォンテンヌブローの駅に帰ってきたのが13時20分ごろ。次の電車でパリに帰ってきたのが14時10分くらい。DSC_9295

お疲れさまでしたー!

—————————————————————————————-

11月7日第5回フォンテンヌブローキノコ狩りのまとめ

  • 新しいキノコはほとんどなかった。たぶん、きのこはもう出てこないと思う。
  • ボレの群生ポイントを知っていたから、ビニールサック1袋分採れたけど、ただ歩いているだけなら多分全く取れなかっただろう。
  • 採るには採れたけど、捨てる部分が先週より多い。ボレは半分以上捨てた。虫も先週よりついていた。
  • アミダケ、FAUSSE GIROLLE、セップはほぼない。
  • 落ち葉がすごくて、森の奥に行くとコースがわからなくなる。

これが11月7日にワタクシ一人で約4時間半のランドネで採ったきのこ。

DSC_9297

下処理するとこうなりました。捨てる部分が多いねー。DSC_9298

ラップで包むと一家4人で4回分くらい。だから約15人前くらいでしょうか。

DSC_9299

多分今週でキノコは終わり。今シーズンは終わりです。来週は森には行きません。行ってもきのこは採れません。

今年は下見もいれると、6回キノコ狩りに行きましたが、なんとなくイメージしていただけたでしょうか?

来年はこんな料理を作ってみたいなー。

その①

その②

おいしそうでしょ?でもこのキノコって絶対に買ってきたきのこだね、動画用に。森のキノコがこんなにきれいなわけねーじゃん!もっとワイルドなのだ、ありえねーー、しかもセップだぜ?

来年、ワタクシもこんなぶち込み系のセップ料理を作ってみたい。いつもと違う自分になれるのだ、せこいこと言わないでうおりゃ――と、1㎏ぐらいのセップをぶち込んで、オリーブオイル、バター、パセリ、ニンニク、レモン、ほんの少しのしょうゆとかつおぶしなんか入れちゃったりして。

いっひっひーー。

それではみなさん、2021年のJジョギングクラブのキノコ狩りでお会いしましょう~。

ちゃんちゃん。

 

第4回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

ワタクシずいぶん長いことフォンテンヌブローの森を歩いていますが、実はそんなに詳しいわけではないんですよね。

森はめちゃめちゃ広大なのですが、ワラビ狩りもきのこ狩りもいつも同じ場所を歩いているし。

というわけで、今日11月1日は、行ったことがない新コースのランドネ、のついでにキノコ狩りに行ってきました!イエーイ!

まずは外出許可証を用意してDSC_9206

 

 

パリ・リヨン駅へGO!

金曜日、土曜日は人がいっぱいいたのに、日曜日の朝の駅は人が少なくてガラガラ。

スタバのスタンドの横にポリスが数人いてコントロールをやっている?

ワタクシはこそこそ~とR線の電車に乗って、08時16分にいつものように出発しました。

いつものように森の停留所に09時00分ごろ到着。

DSC_9208

DSC_9209

 

 

 

 

 

今日も森の中で下りたのはワタクシただ一人。

なんだかすいませんねー。連日ワタクシひとりだけのために電車を止めていただいて。へっへっへっ、今日も森のキノコはオレ様ひとりだけのものだぜい。ライバルは少なければ少ないほどいいのだ。

今日のテーマは『まだ行ったことのないコースを歩く』

ランドネですね。今日はキノコ狩りはおまけみたいなもの、ということで。

西に向かっててくてくてくてく、どんどん森の奥へ奥へと進んでいきます。

へ――、こんな感じなのね。初めて来たよん。

 

DSC_9210DSC_9212DSC_9213

 

 

 

 

 

今日もきのこはぼちぼちでています。

ここでボレの群生に爆あたりしました。

DSC_9215DSC_9217DSC_9218

 

 

 

 

 

うひょー、なにこれーー。

ボレのお花畑??

はじめは喜んで採っていたのですが、あっという間にビニール袋がいっぱいになって、だんだん気分が変わってきました。そもそも今日の目的はランドネなのに、こんなにきのこ採ってどうすんのよー、重いし。というわけで、ボレはもう十分、後半は無視していました。

この群生ポイント、なかなかいいかも。この場所ならJジョギングクラブの40人のグループをキノコ狩りに案内しても、全員外れなしで採れるよなー。

西に向かっててくてくてくてく、こんな柵がありました。

DSC_9219さすがにこんな森の奥だと野生動物がいるのかなー、と思っていたら、目の前で鹿に遭遇。4匹ぐらい。

DSC_9221焦っていたので写真がぶれてしまいましたが、わかりますか?

けっこう大きいのよね。角も大きいし、びっくりしたよん。

 

国道を渡ってサンジェルマンの岩場へ。ここは初めて来ました。

だーれもいません。

DSC_9222DSC_9223DSC_9224

 

 

 

 

 

大きな岩がゴロゴロ。シダがすごいです。春にはワラビがいっぱい出ると思いますが、ワイルドすぎて足元がびちょびちょになるのでパス。

国道をまた渡って、CASSEPOTの岩場。ここも岩がすごいね。

DSC_9225DSC_9226

 

たまに思い出したようにキノコ狩り・・・。

 

 

DSC_9228

これが森の王様、セップ。

 

 

 

DSC_9229

 

 

これがFAUSSE GIROLLE。

群生しているとお花畑みたいに見えるんだけどなー。

 

てくてくてくてく、フォンテンヌブローの駅に着いたのが13時30分ごろ。

今日は途中でお昼ご飯を食べずに、約4時間半てくてく歩きました。

ビューンとパリに帰ってきたのが14時40分くらい。

お疲れさまでした!

————————————————————————————————

DSC_9237

 

これが今日ワタクシが採ってきたきのこ。

左からセップ、ボレ、FAUSSE GIROLLE。

 

 

すぐに下処理します。こうやってキノコを下処理していると、セップが1級品でボレが2級品だということがよくわかりますよね。

ボレは捨てるところが多いけど、セップは少ないのです。

DSC_9238

DSC_9240

 

これが下処理をしたきのこ。

とてもじゃないが一度で食べきれないので、ラップで包むとこうなりました。

DSC_9241一家4人で6回分くらい。だから20~25人前ぐらいかな?

すぐに冷凍。

——————————————————————————————————–

11月1日第4回きのこ狩りのまとめ

  • 一人で行った新ルートの今日が一番キノコが採れた。ボレの群生ポイントは採り切れないほどあったが、さすがに嫌になって無視した。
  • 今日歩いた新ルートはすごく面白いけど、森のかなり奥なので、来年Jジョギングクラブのキノコ狩りで大人数を案内できるかどうかわからない。
  • 森の王様、セップはやはりなかなか当たらない。
  • 今年は一度もアミダケを見ていない。FAUSSE GIROLLEもほんの少し。

今日もすごく楽しかったよん。森のキノコに一日遊んでもらってとっても勉強になりました。

—————————————————————————

森のキノコ料理の答えは森の中と皿の中にあります。

きのことの出会いは一期一会です。

それではまたフォンテンヌブローの森でお会いしましょう~。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★おまけ☆

10月31日と11月1日にこんなキノコ料理を食べました。

DSC_9201『きのこ鍋』

先週に続いて再・きのこ鍋。

 

 

 

DSC_9203

『キノコ雑炊』

きのこ鍋の後はやっぱり、これでしょう!

きのこからおよい出しが出てうんまーい♪

 

 

今日はさらに”追いきのこ”をして、『たっぷりキノコ雑炊』DSC_9204

 

 

さらにさらに、本日はトッピングもいろいろ用意しました~(とろろ昆布、梅干し、ネギ、しょうが、キムチ、ノリ、ゴマ、カツオ)

DSC_9202お好きなものをのっけて召し上がれ~。

もはや鍋のおまけではありません。

これで立派な一品ですよね。

 

 

”キノコづくしの夕食”

DSC_9243『和風キノコスパゲッティ』

『きのこオムレツ』

『キノコのクリーム煮』

 

 

 

 

 

 

 

第3回フォンテンヌブローキノコ狩りに行ってきました

コロナウィルスの感染拡大で10月30日金曜日から再ロックダウンに突入したフランス。

40人前後が参加予定だった第3回Jジョギングクラブのキノコ狩りも中止になってしまいました。

あんなに皆さん楽しみにしていたのに。なぜこのタイミングで・・・。

くそーーーー。

でもこれであきらめるような俺さまではないのだ。

もちろん、外出禁止令が出ている中で、パリからフォンテンヌブローの森へ行くことはいけないことです。常識のある大人の行動ではありません。罰金もあります。

しかし、高校生のころから校則なんて何ひとつ守ったことがないバカ人間のワタクシ。バカは死ぬまで治らない、ということで、ひとつ。個人の行動ということで、ひとつ。

しかし、私だって4月のワラビ狩りの季節にはおとなしく家の中でテレビを見ていましたよ。でもねーー、1年で1~2回しかないキノコの大当たり大本命の日に家から出るな、なんて言われてもねぇ。ちょっとねぇ・・・、できないでしょ?せめて見るだけでも・・・・。写真だけでも・・・。食べてみたいでしょ?

用心深いワタクシは、まず、10月30日の金曜日の朝9時にパリ・リヨン駅のR線の下見に行ってきました。

リヨン駅はパリから脱出するトランクを持った人でいっぱい。フォンテンヌブローに行くR線のホームもいつもと変わっていませんでした。スタバもキオスクも開いてるし、何ひとついつもの同じじゃん!ニュースでは11月1日の日曜日までSNCFは通常運行すると言ってたよな――。

駅のホームで警察がコントロールをしていたら回れ右して帰ろうと思っていたのですが、そんなコントロールをする警察官もいませんでした。まあ、これだけ多くの人をコントロールなんてできないよなーー、初日だし。そもそも11月1日の日曜日までは学校も休み、TOUSSAINTのバカンスなのだ。

10月14日(水)の夜の話では、TOUSSAINTのバカンスの間の移動は保障される、と行ったのはマクロン大統領なのだ。

は、はーーーん。これはどうやら11月1日の日曜日までは3日間の猶予期間で、”マジでコントロールすることはない”と判断したワタクシ。

キノコ狩り決行日を10月31日土曜日と11月1日日曜日としました。イエーイ。

※皆さんマネしないでね。ダメダメ。

10月31日土曜日の朝8時のパリ・リヨン駅 R線のホーム前。

なーんか、いつもと同じだよねー。ゆるくて。何かもっとピリピリしたハードボイルドな世界を期待していたのですが、いつものように電車はゆるーく出発しました。

(今日はさすがにカメラは出せないので、写真はありません)

9時頃森の停留所に降りたのは、なんとびっくり、ワタクシ一人だけ。

DSC_9171DSC_9172

えーー??まじですかーー?バカ人間はワタクシ一人だけ。

 

 

 

へっへっへっ。ライバルは少なければ少ないほどいいのだよ。

今日やってみたかったのは、『11月1日のJジョギングクラブの第3回キノコ狩りに参加していたらどうなっていたか』の検証であります。

すごく楽しみにしていた人も多かったのよね。参加希望者約40人の代表、ということでひとつ。

今回は第3回キノコ狩りコースと同じコース、同じ時間で行きます。

てくてくてくてく・・・、うーーん、ないね・・・・。

先週あったボレの群生にも当たらない。チラホラはあるけど。群生じゃないから量が採れません。

DSC_9173

DSC_9175DSC_9176DSC_9177

 

 

 

 

 

DSC_9179DSC_9184DSC_9181

 

 

 

 

ワタクシ、11月1日を大本命と予想していたのですが、うーーーん。まあボチボチでんなー、ぐらいかな?

アミダケはまったくなし。いつもの県道の車の音が聞こえるポイントでお昼ごはん。

DSC_9185

どうなんだろうね?フォッスジロールは先週よりも出ているけど。

お昼ごはんの後県道を渡ってジロールポイントへGO!

でも全然ない。なんで??お花畑がないじゃん!

なぜかよくわからないけど、たぶん気温が高すぎるせいかな?

てくてくてくてく、TOUR DE DENECOURS。

DSC_9188

いつもは賑やかですが、だーれもいません。

てくてくてくてく、フォンテンヌブローの駅に着いたのは12時45分。次の電車に乗って13時40分にパリ・リヨン駅に着きました。

お疲れさまでした!

—————————————————————————

10月31日フォンテンヌブローキノコ狩りのまとめ

  • 駅はゆるゆるでいつもと同じ。でも行きの電車で切符のコントロールがあった。
  • 大型きのこ(先週M井さんが採ったような閉まったセップを狙っていたけど)はなかった。たぶん、セップもボレもピークを過ぎたよう。
  • ボレは採れるが先週よりもぐずぐすぐにゃぐにゃしていて半分は捨てた。
  • アミダケは全くなし、FAUSSE GIROLLEは先週よりも出ていた。たぶん気温のせい。

これがワタクシ≪満≫が10月31日に一人で約3時間で採ったきのこ。

DSC_9193

左から茶色がセップ、黄色がボレ、オレンジ色がFAUSSE GIROLLE。

DSC_9196

した処理してぐにゃぐにゃしたところを取ると約3分の1になります。

DSC_9197DSC_9199

 

 

 

 

 

 

キノコ料理はまた明日。

明日も森に行きます。

それでは皆様また明日。