VOL47.『ID BUSの出現でJジョギングクラブの行動範囲は広がるか~予算100ユーロ以内で行く、0泊3日 弾丸スキートレーニング編 その2~』

このCONFINSノルディックスキー場、なーーんにもありません。教会が1つ。貸スキー屋が一軒。レストランが一軒。山小屋がポツリポツリ。あとはノルディックスキー場とパーキングだけ。本当に静かで雪と山だけの世界。

まずは貸スキー屋さんでレンタルスキー。板とストックとブーツの三点セットで1日10ユーロ。

ノルディックスキー場の入場料が1日券で8ユーロ。コースはたくさんあって、歩き専門のコースもあります。「ランニングの冬のトレーニングは飽きるから・・・ね」という理由を無理やり作ってノルディックスキーに挑戦したのですが、いやーーー結構運動量があるのよね。結局3時間ほど滑っていたのですが、もう全身汗でびしょびしょ。こんなに暑いとは知らなかったね。当日の気温は+2度だったのですが、なんならTシャツとGパンですべろうか・・・と思ったくらいです。

足もパンパンになってくたびれて、スキーの後はお待ちかねの昼食。メニューはカップラーメンとごはんと焼酎のお湯割り。これが食べたくて飲みたくて雪山に来たんだけど、焼酎のお湯割りがめちゃくちゃ うーーーーまかったあ!!!!!!!

少しぬるかったけど、こういう人のいない雪山の中で一人で焼酎のお湯割りを飲んでいると、心の中にこびりついたストレスが溶けていくような感じ・・・。

写真で見ると大したことないけど、この写真を15枚ほど横になれべたら本物に近いかな?

 

 

 

 

 

一人でぽかーーんと雪見酒なんてのもいいよね。

来年はレストランでお湯を買って、梅干しとレモンで飲もうっと・・・。

LA CLUSAZに戻ってコーヒー。時間が無くなって、ロープウェイで1690m地点のBEAUREGARDEまでは行けなかったです。まあまた来年に。

帰りのバスは16時に来て16時30分に出発。お客は30人ほどで、リヨン郊外の2か所で客を降ろして、19時にリヨンの中心BERCOUR広場着。

その後はパリ行のバスの出発まで4時間ほどあるので、世界遺産になっているリヨン旧市街へ行き、頂上のノートルダムフルヴィエールバジリカ教会まで歩きました。

 

 

 

 

 

ここからの眺めはパリのサクレクール寺院よりも美しいよね。中心街がすぐ下に広がっています。

その後旧市街のレストラン街のメニューをひやかして・・・。スターバックスコーヒーに行きたかったけどリヨンには無かったね。

PERRACHE駅に戻ってステーキとフリットの遅い夕食。

ID バスは23時にリヨンを出発。ガソリンスタンドでの休憩は帰りは25分だけ。お客は15人だけでひとりで4席使って横になってぐーーすか寝て帰れました。

定時5時30分にパリ ベルシー駅着。お疲れ様でしたーー。

今回かかった費用はID BUSが38ユーロ。スキーバスが25ユーロ。貸スキーが10ユーロ。ノルディックスキー場入場料が8ユーロ。コーヒー代が4ユーロ。ステーキの夕食が13,50ユーロ。TOTAL98.50ユーロ。目標達成!イエーイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>