パリ・サンジェルマンアンレイ 20kmを走りました

9月に開かれる有名な片道コースのマラソン大会《パリ~ベルサイユ》と並ぶもう一つの片道コースのマラソン大会、5月26日(日)の《パリ~サンジェルマンアンレイ 20KM 》に行ってきました。

前日の土曜日にゼッケンの受け取りへ。

なぜか会場はエッフェル塔の西側にあるSTADE EMILE ANTHOINE。

パリ~ベルサイユのマラソン大会本部もこのスタッドでしたが、サンジェルマンアンレイ周辺に住んでいてこの大会に出場する人は、わざわざここまでゼッケンをもらいに来るのが大変ですよね。

大会当日のスタート場所はブーローニュの森の北側にあるJARDIN DE L’ACLIMATATIONで、朝8時のスタートです。数あるマラソン大会でも朝8時スタートの大会というのはパリ地方では多分この大会だけですね。交通規制の関係で早朝出発になるのでしょうが、地方から出てくる人は8時のスタートは大変です。

まずトレーラーに荷物を預けてスタート地点へ集合。

この大会、4000人超くらいの規模の大会で、《パリ~ベルサイユ》の約3分の1の大きさで、パリ~ベルサイユは英国・ベルギー・ドイツ・ブリュッセルなどからもツアーバスが来ていて外国人出場者が多いのに比べて、こちらの大会はほとんどがフランス人ランナーという感じ。日本人の参加者も10~20名ほどいたでしょうか?(中には今回でこの大会5回目の出場というすごい日本人女性ランナーもいらっしゃいました!)

最近はスタート前に日本人ランナーらしき人を見かけたら「おはようございます」と声をかけるように心掛けていますが、4000人以上もいるとさすがに全員に声をかけるのは難しいですね・・・。

8時にスタート。まずブーローニュの森の中を走ってBAGATELLE公園の横を走りセーヌ川を渡って(ここからのデファンス地区の眺めが美しい)SURESNES市に入るとだらだらと長い上り坂になります。いや~、このだらだら坂、《パリ~ベルサイユ》のムードンの登り坂を思い出しましたね・・・。でもこの辺りはスタートしてすぐなのでまだまだ元気。

坂を上りきったところの景色が良かった~

ナンテール市で長い下り坂を走って(足を故障していたので、この下り坂はメチェメチャ怖かった!)リールマルメゾン市へ(この街はマンションも並木道もきれいでした)

その後、CHATOUの橋を渡って(この橋の下にある広場が、春と秋に開かれるCHATOUハムと骨董の大市の会場)セーヌ川沿いを南へ向かいます。

このあたりはGRENOUILLE(蛙)と言われていた地区で、1850年代に鉄道ができて、パリからお金持ちが遊びに来て夏はずいぶんにぎやかだったようですが、現在は営業しているカフェやレストランは全くありませんでした。ただし、CHATOU橋の北側にあるMAISON FOURNAISE(ルノワールが約30点ほど描いていて有名なガンゲット)は現在でも営業していてルノワールグッズなども買えます。それでもいくつかは、150年前くらいまではレストランかダンスホールとしてずいぶんにぎわっていたんだろうな~と思わせる建物でしたね。でも現在は一般住居として使われているようで、建物に《入るな!! 触るな!! 見るな!!》というようなことを書いた看板が掛けてありました・・・。

この辺りはクロードモネとオーギュストルノワールが20代のころにイーゼルを並べて同じようなアングルでGRENOUILLEという絵を描いた場所で(実際に2人は対岸のBOUGIVALあたりに住んでいて普段から仲が良かったらしい・・)、海岸にもモネとルノワールの複製案内板がありました。2人の絵をゆっくり比べて見たかったけれど、マラソンを走っている最中では無理な話で・・・。まあ、また次の機会にゆっくりと来たいと思います(この”また”がいつになるかがわからない・・・)

この時代はここでボート遊びや水泳をしていたようですが、パリ市内で見るよりもセーヌ川が茶色に見えたんだけど、ここで水泳…ってどうかな~??

ここからはずーーっとお屋敷街が続く川沿いのコース。中洲の島は現在は「印象派の島」という名前で呼ばれていて、ルノワールの絵に出てきそうな風景が続きます。

この辺りまでは問題なく走っていましたが、15KM地点あたりでテーピングとサポーターでガチガチに固めた古傷の右ひざが悲鳴をあげてパンク!最後の5KMはヨレヨレになりました。

最後はPECQの橋を渡ってサンジェルマンアンレイの最後の登り坂。これがメチャメチャきつい坂で、足は痛いし腿は上がらないし。歩幅30センチくらいで(見ている人は歩いているのと同じくらいのスピードに見えたと思う)ペタペタ登りました。≪動物園のペンギンってこんな感じで歩くよな~》とか《この坂を自転車で下ったら気持ちいだろうな~》とかくだらないことを考えながら坂を登ってシャトーの中に入ってゴール。

ここからの眺めは何度見てもいいですね。

ゴール後はいつものバナナ、オレンジのほかにメロンやスイカも用意されていました。スイカが走った後はメチャメチャおいしかった!

荷物を受け取る場所がわからなくて15分くらいウロウロ・・・、看板くらいあってもいいのに!(こういうところがフランス的)

でも雨にも降られなかったし(〝晴れ男伝説”継続中)いい大会でした。参加された日本人ランナーのみなさんもお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>