てくてくソロキャンプ~MONTARGISに行ってきました!~

あいかわらず外出禁止令が出ているフランス、コロナ感染者の数がなかなか減りません。

フランスのコロナの死亡者はついに10万人を超え(※日本は約1万人)、毎日3万人ほどがコロナに感染しています。(4月25日現在)

日本も大変な状態ですが、インドみたいに「一日の感染者数が35万人」なんて記事を読むと、だんだん感覚がマヒしてくるよね。

天気のいい週末に家でゴロゴロしているのもいやなのでソロキャンプに行ってきました。

今日の目的地はパリの南、LOIRET県のMONTARGISです。モンタルジーはガティネ地方のベニス、なんて言われている水路と運河の美しい街です。

動画は→(こちら

以前、モンタルジーで5㎞マラソンレースに出場したことがあって、土地勘が少しあったのだ。

MONTARGIS5㎞レースのレポート→(こちら

まずはRER D線でMELUNまでGO!

本当はリヨン駅からR線で行ったほうが早いんだけどね。でもR線のPARIS~MELUN間はビシバシコントロールをやっているのでやばいのだ。

自宅から理由なしに10㎞以上離れると135€の罰金です。

MELUNで3人ほどのコントロール隊が乗ってきて切符のコントロール。この人たちはSNCFの人だから切符のコントロールだけ。でもPOLICEが乗ってくるとヤバイのよん。

SOUPPESの駅から南はイルドフランス地方の外になるので、本当は切符を買わないといけないのですが、もうコントロールが回ってきたし、残りの乗車時間は10分くらいだから、まあいいか。

で、MONTARGISに到着。今日もタダ乗りしちゃった。

駅からキャンプ場まで歩いて10分ほどです。

これが今日泊った森のキャンプ場。DSC_1494

 

 

 

モンタルジ―5㎞レースのスタートがこの近くで、一回泊ってみたかったのね。

まずはテントを設営してお疲れ様ビール。

DSC_1495

キャップ場はこんな感じ。

動画①→(DSC_1496

動画②→(DSC_1498

森のキャンプ場というだけあって、MONTARGISの森に接していてほとんどが樫の木のようです。(フランス語だとCHENES)

おー。いい感じじゃん。

まずはキャンプ場の探索へGO!

DSC_1499DSC_1500

 

 

 

 

 

このキャンプ場はMONTARGIS市営で、貸モビールホームはありません。年間契約もなし。テント泊かキャンピングCARでないと泊まれません。

広さは5ヘクタールあるそうです。5ヘクタール??って、100m×500mですよね?

今日のお客さんはキャンピングCARが2組、テント泊がワタクシを入れて2組。これだけ。

おーーーすごい開放感。一人で1ヘクタール以上。ソーシャルディスタンスも完璧だぜい。

外に出て近所をうろうろ・・・。サッカー場、陸上グラウンド、テニスコート・・・。市営プールもすぐ目の前。

でも5月3日にならないと開きません。DSC_1504

おーー、いいねー。たぶん25mプールだけど、キャンプ場の目の前だから海パンはいたまま行けるかも。やっぱりプールはキャンプ場のプールより市営のプールのほうが泳げるもんね。きれいだし。うーーん、夏になるのが楽しみ。スナックスタンドもあるし。

ウッヒッヒ。

先日シャルトルーズ山地で見たヒッチハイクの看板がありました。へーー、これって全国的にやってるのね。知らなかったよ。

DSC_1506

MONTARGISの森に行ってみました。

ワラビがどうなっているか見たかったのですが、しだ、わらびはまったくありませんでした。同じ森でもフォンテンヌブローの森とは違うのね。樫の木の下は雑木林みたいになるのかな??

多分ぜったいキノコが出てこない森。DSC_1507

DSC_1508

でもキャンプ場のすぐ横が広大な森だからね。次に来たときはトレイルランをやってみたいなー。

DSC_1509DSC_1510

 

 

 

 

キャンプ場に帰って晩ご飯。

今日のご飯は蒸し物、シュウマイなど。

DSC_1512DSC_1513

ワタクシのキャンプ泊って料理というより”弁当を温めます”くらいね。

 

 

 

これが夜20:30分ごろのキャンプ場。ヨーロッパのキャンプ場は日が長いからね。たき火なんかしなくもOK。

眠たくなったのでZZZZZZZZZZZ。

夜中01:00時頃と04:00時頃に目が覚めました。今夜の最低気温は約10度、寒くはないんだけど今回も大活躍なのがこれ。キャンピングGAZ。

DSC_1515

あったかーーい。これさえあればどこでもキャンプ泊できるかも。

お酒を飲んで本を読んで・・・ZZZZZZZZZZZ。

おはようございます。朝になりました。チュンチュンチュン。

動画は→(DSC_1516

時計を見たら11:00AM(!)なにーー?!ありえねーー! どんだけ寝てるのよー!パリでは7:00~8:00には自然に目が覚めるのに。なんでーー??先日行ったDREUXでも10:00時頃には起きたのに。キャンプ泊、テント泊って気持ちが緩むの??仕事しなくていいし。緊張感から解放されるというか…。一人だし。うーーん、キャンプあるあるですね。

 

ぼけーっとお茶を飲んで読書&ひなたぼっこ。

びっくりしたのが、このキャンプ場はチェックアウトが15時なのだ。ハイシーズンの人気キャンプ場はHOTELみたいにチェックアウトが10:00時とか12:00時とかうるさいことを言うので焦るんだけど、今日はのんびり~。静かな時間が流れて、結局キャンプ場を出発したのが14時30分。DSC_1511

モンタルジー始発の電車はコントロールがやばいので、県境までの切符を買って出発。

DSC_1523DSC_1524

 

 

 

 

 

これが県境のSOUPPESの駅。DSC_1525ここで下車。この街にはJ ジョギングクラブに多く参加していただいたダンサー・舞台芸術家・映画評論家の黒井さんの家があります。

アポなしで家に行ってみたのですが留守でした。この家の庭でガーデンパーティーをやったことがあるのですが、コロナになってから知らない世界や違う世界の人、新しい友人・知人と知り合う機会もなくなり、「あれは贅沢な時間だったなー」としみじみ思いますねー。

次の電車でビュー―ンとパリ・リヨン駅着。

お疲れさまでしたー。

————————————————————————————————

☆☆☆MONTARGISてくてくソロキャンプの良かったところ☆☆☆

  • キャンプ場が駅から近くて静か。安い。プールが近い、広い。また行きたい。
  • チェックアウトが15時までなのでのんびりできる、お客が少ない。
  • 森に接しているのでランドネ、トレイルランができる。

★★★MONTARGISてくてくソロキャンプの良くなかったところ★★★

  • 今回はお客さんがほとんどいなかったので問題なかったが、MAX300人収容でシャワー3か所だと少ない。
  • キャンプ場の近所に商店がない。街の中心から遠い。
  • 小さな子供の遊び場がすぐない。夜が暗くて明かりがないとトイレに行けない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のてくてくソロキャンプの費用

キャンプ代金 7,25€

SNCF MONTARGIS~SOUPPESの切符  5.10€

———————————————

TOTAL     12.35 € でした。

このキャンプ場はスカスカだから、天気予報をみていつでも泊まれます。広ーい森の中でテント泊っていうのもなかなか楽しいよ。

という、MONTARGISてくてくソロキャンプでした。

ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>