ちゃりちゃりソロキャンプ~最高級のワインの畑を見にブルゴーニュワイン街道に行ってきました!

8月の連休に、たまには遠くでも行ってみようかなーー。ということで、自転車でソロキャンプに行ってきました!

まずはパリ・ベルシー駅から08時30分に出発。DSC_7907

 

 

 

 

 

 

お客さんはr7割くらい。

ビューンと飛ばして、ぐわーと寝て、BEAUNEで乗り換えて、CHAGNY着が11時12分でした。

DSC_7910

DSC_7912DSC_7913

 

 

 

 

 

 

おーー、ひさびさだぜい―、ブルゴーニュ。周りはブドウ畑が広がっていてドメーヌもいっぱいあります。

DSC_7914DSC_7915DSC_7916

 

 

 

 

 

DSC_7918

 

まず目指したのがコート・ド・ボーヌ地区の一番南SANTENAYの街。このあたりは赤も白も作っています。このワイン街道って世界遺産なのね。知らなかったヨン。

チャリチャリーと北上して、いよいよ本日の見どころ、CHASSAGNE MONTRACHETとPULIGNY MONTRACHET村へGO。ここには世界最高の白ワイン畑があるのだよ。

DSC_7919DSC_7922

 

 

DSC_7923

世界広しといえども白ワインでの最高級品といえばMONTRACHETでしょうね。ボルドーにもシャトーイケムみたいな高級品がありますが、イケムは甘口の白ワインだからね。

これがMONTRACHETの畑→動画は(こちら

DSC_7924DSC_7925DSC_7927

 

 

 

 

 

DSC_7928DSC_7929DSC_7930

 

 

 

 

 

石垣で囲まれていて高級感があります。前にも一度車で来たことがあるけど、車で行った旅ってすぐに忘れちゃうのね。

しかし、このワインって1本いくらで売っているのかねぇ~?

このあたりはほとんどシャルドネの白ワインの産地です。

ちゃりちゃり~と北上してMEURSAULTの街へ。

DSC_7932

 

 

 

ここはこのあたりで一番大きな街でレストランもたくさん営業していました。

 

ワタクシは市役所前の芝生でピクニック。

DSC_7931

これを一日かけて食べるのだ。

ブルゴーニュのワイン街道を自転車で初めて走ったけど、各村ごとにトイレはあるし、ピクニックエリアもあるし、サイクリングにはすごーく快適。

DSC_7934

さーて、食事もしたし、赤ワインのガソリンもいれたし。

ちゃりちゃり~と北上してVOLNAY村とPOMMARD村へ。

DSC_7935

DSC_7936DSC_7937DSC_7938

 

 

 

 

 

このあたりは赤ワインの産地。畑のブドウはピノノワールだけ。

ボルドーの赤ワインはいくつかブレンドするけど、ブルゴーニュは1種類しか使わないのよん。

ちゃりちゃり~と北上してBEAUNEの街へ。

おーーひさびさーBEAUNE。たしかBEAUNEワイン祭りの10㎞レースに出場して以来だから年ぶりくらい。

街をグルーっと回って・・・。

これがワタクシが止まったキャンプ場。DSC_7963

 

 

 

なかなかGOODなキャンプ場だったよん。着いたのが15時30分ごろでした。

トレーラーハウスもプールもないけど、街から近いし、子供は少ないし、静かな大人のキャンプ場。

とにかくまずシャワーを浴びてテントを作って。

DSC_7939一人でかんぱーーい。

 

 

 

 

天気予報では雨が降るかもしれない、感じだったけど、天気も良くて最高だったぜい。

休憩後、ワタクシは近くにあった市営プールへGO! 今日も30度超で暑いぜー。

BEAUNE 市営プール→(ホームページ

おーー、なかなかGOOD.このプール。野外と室内に25mプール&子供プールがふたつ。市営プールだから人は少ないし、深さは2m以上あるし、日光浴できるゾーンもあるし、軽食ができるスタンドもある。

プール→酒→読書 これを3セット。あーー、クールダウンして最高!天国だぜい。

もっとゆっくりしたかったけど、BEAUNEの中心部へGO!行きたいところがあったのだ。

近くには超有名ドメーヌもあります。車のパーキングはどこも満車。ドイツ、オランダ、ベルギーの車もありました。

DSC_7940DSC_7942

 

 

 

 

 

中心部は観光客でいっぱい。

DSC_7943DSC_7944DSC_7945

 

 

 

 

 

 

BEAUNE にはワインショップもたくさんあります。

今日行きたかったのがこのワインショップ。

DSC_7948DSC_7953DSC_7954

 

 

 

 

 

突然ですがここで質問・・・。

『ワタクシが今日行ってきた畑MONTRACHETとCROITS BATARD MONTRACHETの辛口白ワインはBEAUNEのワインショップでいくらで販売されていたでしょうか?』

チッチッチッ、プ―――――。わかった??

正解はMONTRACHETが510ユーロ、CROITS BATARD MONTRACHETが300ユーロでした。こんな高級ワイン、レストランで飲んだらいくらなんでしょうかねー??

はっはっはっ、笑ちゃうよん。「脱帽して跪いて飲みましょうネ」

DSC_7957DSC_7958DSC_7959

 

 

 

 

 

しかしブルゴーニュのワインってなんでこんなに高いの??いつもスーパーで、4ユーロのワインにしようか、7ユーロのワインにしようか悩む小心者のワタクシにはこんな高級ワインを飲んでも多分おいしくないね、ビビっちゃって。

DSC_7946DSC_7947

 

 

 

これが街の中心。

HOTEL DIEU。

 

ここで11月のワイン祭りの日にはオークションがあります。

この日はHALLでアンティーク市が開かれていました。

DSC_7955

 

日本人の観光客のもチラホラ。

チャリチャリーとキャンプ場に帰って、キャンプ場のBARへGO!

DSC_7964ミネラルウォーターとビール。

これで5,6ユーロ。

 

 

 

ここのキャンプ場のレストランがすごくいいのよん。

なんとびっくり。キャンプ場のレストランにワインリストがあるのだ。

DSC_7971

エスカルゴも食べれるし、キンキンに冷えた白ワイン、シャンパンまであるのだ。自分で食事を作らなくても十分楽しめます。

ワタクシはテントに帰って弁当の残りで夕食。缶詰のカスレも持ってきたけど、量が多くて食べきれないのでパス。

DSC_7966空はこんな感じ。

暗くなるまで読書してブランデーをちびちびなめておやすみなさーい。

ZZZZZZZ

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~2日目~

07:00時頃。パラパラ、音がするから空を見上げると・・・、

DSC_7967こんな感じで雨。

 

おいおい、マジかよ。

 

 

まあ今日は急いでないからいいけどね。

まずはインスタントコーヒー。シャワーを浴びて読書。チェックアウトは12時だからゆっくりしてもいいのだ。

10時頃雨がやんできたので朝食と昼食を兼ねた食事作り。

まずショートパスタを茹でます。DSC_7968

本当はスパゲティのほうが好きだけど、キャンプだと短いパスタのほうが作りやすいのね。

 

 

DSC_7969パスタを茹でたらボロネーズソースとあえます。

最後にパルメザンチーズをたっぷり入れて出来上がり。

DSC_7970

いただきまーーーす。うーーん、おいしーーーーー。

超簡単に作れてそこそこおいしいからね。これでお昼ごはんOK。

テントを片付けて出発前にキャンプ場のBARでコーヒー。

DSC_7972

 

コーヒーを注文しようと店内に一歩入ったら、カウンターにいたおねえさんから『あ、マスクしてください!』といわれたのよん・・・。

えーー??オレ様って病原菌??バイキンマン??

コーヒーを注文しようと一歩入っただけなのに。まあ、キャンプ場の客は全員よそ者のお客さんだから、地元の人がコロナウイルスを警戒しているのはわかるけどね。東京からGO TO トラベルで地方に旅行している人もこんな感じで地元の人に警戒されているんでしょうかねー??

11時30分ごろキャンプ場を出発。北上してALOXE CORTON村へ。この村は赤も白も作る村で、特級畑のコルトンの白やコルトンシャルルマーニュが超有名です。

DSC_7973

DSC_7974DSC_7975

 

 

 

 

 

これがコルトンシャルルマーニュの畑→動画(DSC_7976

これがシャトーコルトン。おーー知ってるぞ、めちゃ高いのよん、ここのワイン。

DSC_7977

国道をビュンビュン北上して、コート・ドゥ・ニュイ地区では一番大きな街、NUITS SAINT GEORGESに入りました。

DSC_7978

おー、ここはACOさんが3月にハーフマラソンを走った街ですね。レポートは→(こちら

レストランのテラス席はどこも満席。

DSC_7980DSC_7981

 

 

 

 

 

ワタクシ的には食事ではなくてカフェでビールを飲みたいんだけどカフェはない・・・。

しかたがないのでフラフラ北上。世界で一番高価なワインの産地VOSNE ROMANEE村に入りました。

DSC_7982

しかし静かだね・・。人もいないし商店なんてないし。

まずは世界一有名なワイン、ロマネコンティの畑。

動画は→(こちら

畑の大きさがは1,6ヘクタール、年間の生産量が約6000本。

ワイン1本ウン十万円、ウン千ユーロ。が、値段はあってないようなもの。

DSC_7986

DSC_7984DSC_7985DSC_7987

 

 

 

 

 

素人のワタクシが畑を見るとどれも同じように見えるんですけどね。

DSC_7989

 

←畑にあったメッセージ。

『勝手に畑に入るな』ということですね。

 

 

ここからブルゴーニュ赤の特級畑が続きます。

ECHEZEAUX(エシェゾー)の畑。DSC_7990

そのお隣が石垣に囲まれたCLOS DE VOUGEOT(クロ・ド・ヴージョの畑。

 

 

ここのお城で毎年ワイン祭りをやるわけですね。

動画は→(こちら)

おーー、さすが観光地、車と人がいっぱい。

DSC_7992DSC_7993DSC_7994

 

 

 

 

 

お金を払えば内部も見学できますが今回はパス。

そのすぐ上にあるのが特級MUSIGNYの畑。DSC_7995

 

 

おーー、このドメーヌ、めちゃ高いのよん。

 

 

チャリチャリ北上すると、このあたりは特級畑ばかり。

DSC_7996

DSC_7997DSC_7998

 

 

 

 

 

でもブルゴーニュ全体からすると特級畑は1%くらいしかないんだけどね。何が違うかよくわからない素人のワタクシ・・・。

銀座と新橋では地価が違う、みたいな??味はそんなに違うのかな??作り手によって??飲んだことがほとんどないのでよくわかりません。

CHAMBOLLE MUSIGNY村、MOREY ST.DENIS村を通っていよいよこのあたりで一番大きなGEVREYCHMBERTINの街です。

DSC_8002

おー、かの有名なCHAMBERTINの畑。

 

ナポレオンが好きだったという伝説もあります。DSC_7999

本当かな??

 

 

なんとかシャンベルタンという畑がけっこうありますが、分家みたいなもんかな?

この街の畑って1級クリマや村名アペラシオンもあってかなり広くて大きいから、有名なシャンベルタンの名前がついていてもすべてのワインがおいしいわけではないそうです。

暑かったのでカフェで地元の白ビール。DSC_8003

うーーん、おいしいー。しみるぜーー。

ワインの産地で白ビールというのもなんですが、スポーツのあとで赤ワインを飲んでもよくわからないよね。食事と一緒じゃないとね。

 

ちゃりちゃり~と北上していよいよDIJONの街。やった―着いたー!

DSC_8005

 

着いたのが18時頃。

電車の時間まで1時間以上あったので、市内をぶらぶら。

DSC_8007DSC_8009

 

 

 

 

 

ディジョンには何度も来たことがあるけど、PALAIS DES DUCSの内部に入ったことがないよなー。なかなかいい美術品があるそうですが、今度時間のある時に・・・。

動画は(DSC_8008

このころから雨が降ってきて、電車はパリに向かって出発。

おー、運がよかったぜい。DSC_8011

 

今回は雨にも降られなかったし。

 

 

グワーッと寝てパリ・ベルシー駅に22時24分着。おつかれさまでしたーーー。

————————————————————————————————-

☆☆☆ブルゴーニュワイン街道サイクリングの良かったところ☆☆☆

  • 距離が1泊2日でちょうどいい長さ、天気も良かった。
  • キャンプ場のワインリストがすばらしい。
  • 市営プールが近くにあってよかった。
  • ワイン好きには最高、見る場所がたくさんある。
  • ピクニックエリアやトイレがたくさんあった。

★★★ブルゴーニュワイン街道サイクリングの良くなかったところ★★★

  • レストランはたくさんあるが、カフェが少なくてビールが飲みづらい。
  • キャンプ場の土がカチカチでペグが入らなかった。
  • 食料店がほとんどなかった。

———————————————————————————————–

ブルゴーニュワイン街道サイクリングの費用

  1. PARIS→CHAGNYの切符    25.70€
  2. BEAUNEキャンプ場     10.66€
  3. ビール+ミネラルウォーター    5,60€
  4. 市営プール    3€
  5. 白ビール ×2     8,4€
  6. DIJON → PARISの切符   36€

————————–TOTAL 89.36€でした。

ワタクシ来週もキャンプです。

8月は忙しいのよん。

それではみなさんまた来週。バイバイキン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>