LE MANSへハーフマラソンを走りに行ってきました!

今日は地方へマラソン参戦旅行に出かけてきました。

パリ・モンパルナスからOUIGOでノンストップで1時間、着いた先は・・・『LE MANS』です!

この”格安高速列車・OUIGO”、以前はパリの発着駅がパリ中心地から40分のディズニーランドのある郊外の駅MARNE-LA-VALLEだったんだけど、2017年~パリ、モンパルナス駅まで路線が伸びて、断然利用しやすく&便利になったのでした。

18,5,10leman-13

ルマンと言えば『24時間自動車耐久レース』で有名なフランスの地方都市。パリの南西約200㎞のところにあって、パリモンパルナス駅からTGVだと1時間弱、TERで2時間半。それがouigoが通るようになって、わずか1時間でしかもTGVの3分の1の値段で行けちゃう。6時25分発とちょい朝が早いけど、全然OKですー。マラソン日帰り参戦だってできます!

ぐわーっと寝て1時間、7時26分にLE MANS着。18,5,10leman-14

 

駅前は広ーい広場があって視界がワーっと広がっていて駅のすぐ目の前をトラムが走っている、なんだか”フランスの田舎街っぽくない”清潔で整然としたお街”という印象です。

 

ルマンには以前ブルゴーニュ地方・JOIGNYのトレイル大会でご一緒したtakakoさんが住んでいて(大会レポートはこちら)大会前日に『明日ルマンに走りに行きます』と連絡をしたら、なんとtakakoさんも『私も明日走ります。一緒に楽しくランしましょう!』とお返事があったんです!思いがけずtakakoさんとご一緒できる!楽しみ度が上がりました!

takakoさんに教えてもらったとおりtram 2番で大聖堂前で下車。(歩いて行けない距離ではないけど、何も知らないで行ってたら迷ってたかも?)

18,5,10leman-6

→サンジュリアン大聖堂の正面

うわーー、立派ー。

この大聖堂の周辺は旧市街『シテ・プランタジット』と呼ばれる地域です。

旧市街には駅周辺~街の中心とは別世界の古ーい街並みが広がっています。

旧市街を囲む城壁のすぐそばがマラソンヴィラージュです。

18,5,10leman-25

18,5,10leman-15

 

 

 

 

18,5,10leman-17ゼッケン受け取り。

当日申込みもできました。18,5,10leman-18

 

 

 

 

9時にハーフマラソン、11時15分に10㎞マラソン,12時30分女性限定5㎞マラソン、の他、今年から始まった城壁のそばにあるトンネルの長ーい階段を上る『LA MONTEE DE L’ASCENSION GRUTIER』、それに子供マラソンを合わせて全5種目・2000人近くが参加するこの大会”COURIR AU MANS“、今年で36回目の開催となる歴史ある大会です。フランス選手権の予選大会でもあり、しかも賞金レース。というわけでかなりレベルの高い大会なんです。(ちなみに参加費はどの長さもすべて均一の10ユーロ←安い!)

18,5,10leman-1←これがトンネル”TUNNEL WILBUR WRIGHT”の階段。

レースは見なかったんだけど、ここをガーーーッと駆け上るのだろうか・・・?

 

 

 

レース前。着々と準備が進んでいます。

18,5,10leman-16

18,5,10leman-2118,5,10leman-20

 

 

 

 

18,5,10leman-28

 

すぐ目の前を流れる川 LA SARTHE→18,5,10leman-19

 

雲一つない青空!水面に写る逆像が美しいですね~♪

 

で、9時にハーフマラソンがスタート。バンッ。

コースは川沿いQUAIS LOUIS BLANCをスタートしてLA SARTHE川沿いに沿ったコース~住宅街をぐるっと回る5㎞を4周する21㎞。

まっ平らでコース幅も広くてとーっても走りやすかったんだけど、景色は単調で、さすがに5㎞を4周というのは飽きてきました。というか最後まで集中を保つのは難しいなあ、やっぱり。けっこう調子よくスタートしたんだけど後半はだれて、3周目以降は1周先をいく速いランナーたちにバンバン抜かれました。

大勢の声援の中ゴーーール!

18,5,10leman-2218,5,10leman-23

 

完走後にお土産(水、リンゴ、シリアルバー、スポーツバッグ)とバラ一輪(女性ランナーのみ)がもらえました。

 

18,5,10leman-24

 

 

 

 

 

11時15分に10㎞マラソンがスタート。こちらは全レース5種類の中で一番参加者が多くて約1000人が一斉にスタート。

18,5,10leman-2618,5,10leman-27

 

 

 

 

 

しばらく10㎞レースを観戦したのち、takakoさんが『旧市街に行ってみましょう』と誘ってくれました。

石畳、木組のおうち、等々・・・・、古代中世の街並みがそのまま残っている旧市街はとっても素敵な雰囲気です。

18,5,10leman-11

18,5,10leman-1218,5,10leman-10

 

 

 

 

 

 

サンジュリアン大聖堂の中→18,5,10leman-7

 

広くて天井が高い。

 

 

18,5,10leman-8

 

 

12世紀に作られたというフランス最古のステンドグラスやパイプオルガンは必見。

 

18,5,10leman-518,5,10leman-9

 

これは入り口横にある触りながら願い事をすると『願いが叶う石』だそうな…→

 

 

 

冬の間はひっそりしているらしいんだけど、季節もよくなってきて、テラスで食べられるレストランもいくつか営業していて観光客の姿もチラホラ見られました。

TAKAKOさんとかんぱーい。 『お疲れ様でしたー!』

(しまった~、写真をとりわすれたー)

TAKAKOさんは初ハーフを好タイムで完走して満足そう♪ 次はパリマラソンですね!

TAKAKOさんとはここで別れて、私は帰りの電車までの時間、ルマンの街中を散策しながら駅に向かいました。

18,5,10leman-29

↑街の中心地、レピュブリック広場。巨大な広場をぐるっと囲むようにレストランやお店がいっぱい。

ルマンは中世の雰囲気がそのまま残る旧市街と整然とした清潔な新市街が混在する素敵な街並み。パリからわずか1時間で行ける、マラソンも観光も楽しめる一日マラソン地方参戦旅行におすすめの街です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>