弾丸旅行研究会 ベルギー国境近く 59県 NORD県・マロワール20kmマラソンにチャリチャリ~と行ってきました!

皆さん、ここで質問です。

『マラソン大会がフランスで一番多い59県・NORD県では、1年間に何大会マラソン大会があるでしょうか??』

 

チッチッチッ、プーーーーーーーーーー。

 

答えは『1年間で163大会』です。

このベルギー国境にあるNORD県、炭鉱ボタ山レースとか面白そうな大会が多いのですが、パリから最低2時間はかかるから・・・、パリから行くとスタート時間に間に合わないのよね。(TGVならリールまで1時間)

 

今日は5月1日、メーデーの休日に、午後スタートの人気大会・マロワール20kmレースにチャリチャリ~と行ってきました。

まずは5月1日の朝。パリ・北駅です。

18,5,1maroilles-43

18,5,1maroilles-4418,5,1maroilles-46

 

 

 

18,5,1maroilles-42

電車は時分に出発。これが一番早い電車です。

今日私は1等席の切符を買ったのよん(※2等と1等は3ユーロしか違わなかった・・・)

うーーーん、普段一等車なんか乗ったことないけど、ゴージャスな気分になりますねー。椅子もなんとなくフカフカ。幸せコーヒー&読書タイム、パリからNORD県AULNOYE AYMERIESまで217km約2時間の旅であります。

18,5,1maroilles-4018,5,1maroilles-39

びっくりしたのが、POLICEのコントロールが車内でもあるのね。国境近くに行くピリピリ感ありますねーー。

 

 

 

私、NORD県はリールとダンケルクには行ったことがあるけど、山側というか、アルデンヌ、ワロン方面のNORD県に行くのは初めて。そもそもこのNORD県はめちゃめちゃ細長くて、180kmくらい長さがあるから海側と山側ではぜーんぜん違うのねー。うーーーん、楽しみ。

で、AULNOYE AYMERIESの駅に時分に着。18,5,1maroilles-4

マロワルに行くようなランナーは一人もいませんでした。

ここから約8km離れているMAROILLES村に向かってチャリチャリ~とGO!

県道959号線にはなーーーんにもありません。約1時間チャリチャリして13時ごろ着いたのがここMAROILLES。18,5,1maroilles-38

もっと小さい村かと思っていたけど、小さい街ですね。

これがマロワルの中心の教会。

18,5,1maroilles-37

この教会の鐘、カリヨンなのよん。うーーん、フランス北部を感じますねー。(ガラーーンガラーーンではなくて、鐘でドレミファソラシドのメロディを奏でる鐘。)

マラソンのスタートは15時ですから時間も余裕があります。

屋台もたくさんあってランナーが食事していました。18,5,1maroilles-36

 

 

 

 

市役所の前がゼッケン受け取り場所&スタート地点で、ゴールは300mほど街の東側。18,5,1maroilles-3518,5,1maroilles-3418,5,1maroilles-33

 

 

 

 

18,5,1maroilles-2918,5,1maroilles-2818,5,1maroilles-27

 

 

 

 

 

 

ゼッケンを受け取って、大会本部で、「あのーー、荷物預けはどこでしょう?」と聞くと、「え?ありませんよ」との答え。「ぐわーーーーーん、なにーー??3000人規模の大会で荷物預かり所がない???マジ、ありえねえーーー!!!」

田舎のトレイル大会なんかだと荷物預かりがないことがあって、ワタクシも荷物を背負って10km走ったことは何回もある。しかし、今回は3000人が走る20km大会なのだ。

ワタクシ、当然あるにきまってるだろーー、と甘く甘く考えていたのだ。まあ、田舎の大会は皆さん車で来るから荷物預かりがない、ってことも多いけど、これはひどいよなーーー!

そこで、ワタクシ、市役所の前にあったこの地方の特産物を売っているお店でいろいろお土産を買って、人のよさそうなマダムと交渉したんですねーー。

『あのーーすみません、ワタクシPARISから来たランナーなんですけど、荷物預けがなくて困っているんです。いろいろお土産を買いますから、ワタクシの荷物とお土産を2時間半ほど預かってもらえないでしょうか???』

18,5,1maroilles-28

「あーー、そうなの?ぜーんぜん問題ないわよ。20時閉店だからそれまでに帰ってきてね」

やったーーーー、これで走れるぜぃ。イエーーイ!

これが参加賞のTシャツとマロワルチーズ。18,5,1maroilles-32

全部マダムに預けて15時に約3000人のランナーがスタート、バン!!18,5,1maroilles-3118,5,1maroilles-30JPG

 

 

 

 

 

コースは8の字コース。10km地点でまたマロワルの街に戻ります。

コースはとにかく田舎・・・、牛がいっぱいいて「モーーーーー」。田舎のにおいというか牛のにおいの中をひたすら走ります。

15km地点のマロワルの急坂も何とかヘロヘロ走り抜けて20kmのゴーーーール!

あーーー、つかれたーー。でも田舎の大会は沿道の住民の皆さんの応援が熱いねー。

去年のセダン・シャルルヴィルマラソンみたい。マラソン大会がその地方の一大イベント、お祭りなのね。

ゴール後は生ビールも飲めますし、仮装コンクールもありました。

18,5,1maroilles-12

18,5,1maroilles-1118,5,1maroilles-2218,5,1maroilles-21

 

 

 

 

 

市役所前に戻ると大会本部はすべて片付けられた後でした。うーーん、これじゃあ荷物も預かってくれないか・・・。18,5,1maroilles-14

お土産屋のマダムにお礼を言って、上の階のレストランで食事。ビールとマロワルのフラミッシュ。うーーーん、おいちぃ~。これは絶対パリでは食べられない味ですねーー。広島に行ったらお好み焼きでしょ、みたいな??

18,5,1maroilles-2018,5,1maroilles-1918,5,1maroilles-15

 

 

 

 

 

なーーんかね、レストランのおばちゃんとおしゃべりしている時に「なんか椅子が教会の椅子みたいだなー」と思ったのですが、どうやらこのお土産物屋兼レストランがマロワルの修道院だったらしいのね。18,5,1maroilles-16

関が原より前の1590年代に開いたらしい。オレンジ色のウオッシュタイプのチーズは修道院の坊さんから受け継がれた秘伝の味・・・と何かの本で読んだことがあるけど、どうやらここがその場所らしいのね。

うーーん、びっくり。

ヨーロッパではその辺にふつうに500年前の歴史が転がっていたりするので(何の説明もない)、びっくりするよねーー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで。弾丸旅行研究会

おいしいお酒が飲みたい!フランス北部ビール編

です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヘロヘロに酔っぱらって駅に帰って6人用のコンパートメントを一人で使ってぐわーーと寝てパリに帰ってきました。

この5月1日のマロワル20kmマラソンは、電車で行くのは全くお勧めできません。

でも車で3~5人で行くならめちゃめちゃ楽しいかな?

スタートは15時でゆっくり。料金も20ユーロ。地方大会を走ってみたい人にはいい大会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>