1泊4日の弾丸スキーツアー『雲海の上のスキー場』Chamrousse Alpine Park に行ってきました~

どうも~。J-joggingクラブスキー部員のYです~。

 

今回は、2018年2月23日(金)~26日(月)まで、車中2泊を含む1泊4日の弾丸スキーツアーのレポートを、私 Yが書かせていただきます。

と、いうのも、いつもわれわれ慣れない部員達の面倒を見てくれるJ-joggingクラブの世話役、満さんがいな~い! スケジュールが合わなかかったのね…(涙)。

これって、キャプテンのいない部員が遠征試合行ってこ~い、と、放り出されたような気分。心細く感じながらも、部員5名+2名の合計7人で、なんと無事故・無事件(ひやひやはあったかも)で戻ってまいりました~。快挙!

 

参加したツアーは、こちら

行ったスキー場は、こちら

さてさて、今回はバカンスシーズン中ということもあり、バスも大型で新しく参加人数も多かったような気がします(あ、トイレは壊れてた)。そして、何よりホテル

今回の弾丸スキーツアーは、こんな感じ↓でした。

 

金曜日 23時15分:Denfert-Rochereau – Monceau Fleurs前に集合 (とは言え、バスも他の乗客も、もっと早く来てました。部員A さんとB君が後部座席エリアをゲット! Bravo!)

 

土曜日 06時頃:Grenobleの街外れのホテル着 朝食(普通のビジネスホテルの朝食でした)

バカンスシーズン中でホテルは満室のため、着替えは地下1階のコインランドリールーム(女子)とジム(男子)で…。体育会系の部活みたいな (;^_^A しかもツアー客数よりもテーブル席が少なく、二グループに分けて食べることに…。まぁ、着替えチームと食事チーム入れ替えできて結果オーライでした。

 

土曜日 09時頃:同じバスで、スキー場に向かってGO!

 

しかし...いけどもいけども雪が見えてこな~い。スキー場のウェブサイトでは天気予報【晴れ】になってるのに、Grenoble付近は曇り空。そうこうしているうちに、登坂が始まりなんとバスは深~い霧に包まれてゆき…。スキー場のウェブサイトの天気予報表示のアルゴリズムを疑いかけたその時、フワッと霧が軽くなり、青空が!同時に霧氷で綺麗に化粧した森を眺めながら、だんだん、部員たちのテンションが上がっていきます。chamrousse-1.htm

 

10時ごろ、ゲレンデよりも少し上の駐車場でバスが停車。え、ここどこ? ええ、貸しスキー場までは雪の上歩いていけと…? えええ、帰りのバスは19時30分に出る?『通常、リフトだって16時過ぎには止まるので、もっと早く来て貰えないんですか?』と、我々も他の客に交じって交渉。『街の交通規制の時間があるからそれだけ遅くしないとダメなんだよ』と態度の悪い運転手。マジ~?(この後、このスキー場ではナイターもやっていることが判明して別に問題はなかった)

 

気を取り直して、レンタルスキー屋さんに。提携している店があるか運転手に聞いても、ジュヌセパなので、とりあえず一番近くて目立つ店に入る。と、バカンスシーズン中で、スキー客が殺到!やっとスキーを借りてチケットを購入した頃にはもう11時過ぎていました…。

 

それでも、この青空でテンションは上がったまま。部員全員で先ず一番高~い2250m地点で記念撮影を目論み、リフトを2つ乗り継いで行きましょうねと皆で合意。いざ、と一つ目のリフトから乗継リフトまで滑って行くと…『あれ?おーい、そこで止まるって言ったよね〜?』聞こえなかったのか、リフトを通り越して別のゲレンデにまっしぐらの部員C美、早くも脱落。『僕、連れ戻して来ます!』と、遠征初参加の爽やか部員D。この後も、D部員はピスト案内人として大活躍する事に。何はともあれ、青空の元、雲海の上に浮く絶景ポイントで無事全員記念撮影…。

chamrousse-2.htm

chamrousse-10.htm

 

 

 

 

このスキー場の良いところは、この眺めですね。あとは、ski nordique(クロスカントリー) のコースが充実してるところかな(クロカンの地図はこちら)。メジャーなゲレンデが1750と1700と1650の3つあって、その間を無料バスが20分おきくらいに行き来してます。(ピストの地図はこちら)我々は1750の近くで降ろされましたが、1650には25€で温水プール、ジャクージ、サウナ、ハマームが使えるスパがあって、疲れを落としてから帰りたい人にオススメです(スパ情報はこちら)。

chamrousse-5.htm

お昼は、頂上 La Croix のレストランで。その日は外に座っても全然寒くなくて、雲の上から頭を出した切り立つアルプスの絶景を見ながらワイワイchamrousse-3.htm

お昼は終わりにかけて少し風が出、太陽が雲に時々遮られたけれども、綺麗な青空のもと、ほぼ全てのピストを制覇(Trois Vallées に比べるとこじんまりとしたスキー場でした)。

 

17時半頃? : いい塩梅で疲れて来たので、ゲレンデに降りて ∑(゚Д゚) ビックリ!レンタルスキー屋の店の外にまで溢れるほどの人、人…。今日到着して明日の為に借りる人の列。15分くらい外で並んだところで、店の人が『返す人はこっちの方から入ってね〜』と、比較的スムーズに返せました。ホッ。

 

お店に入ると、ほぼ部員全員が『ビール!』を渇望。1664の生ビールでカンパーイ!19時にはお店を追い出されましたが、美味しいビールでございました(*´˘`*)♡

 

ホテルにつくと、もう20時半。昨晩の睡眠不足と今日の疲れがどっと出て、ディナーの事を誰も考えたくない御様子(そう、ホテルは街外れでレストランもついていないアパートスタイル)…。そんな中、胃袋重視派のY部員がシャワー後、21時に電話で部員呼出(正確にはC美部員に電話してもらった)。『モロッコ料理食べるよ!』と、レストランに電話予約し、半ば強制的に疲れた部員らをズルズルと徒歩でレストランに連れて行くと…。ん?通りには人っ子ひとりいなかったのに、レストランの中はほぼ満席でわいわいガヤガヤ♪( ´▽`)  モロッコ独特のランプシェードや色とりどりのタイルばりの内装で雰囲気もイケてる!女子部員のテンションが高くなるのを感じた瞬間、メニューに食いつきポンポンと注文を決めていく頼もしいA子部員。モロッコワインをメニューに見付けてY部員も即一本コマンド。『美味しいですね!』『あ、これいけますよね』と、あっという間にワインは空いて、お皿が回り、みんなが元気になってゆく…幸せ(*´˘`*)♡…な瞬間。ミントティーを飲む頃には、E部員が席を立ち上がってサーバーのテクを披露し、笑に包まれるほど皆さん回復してました。(^_^)

chamrousse-15.htm

 

chamrousse-6.htmchamrousse-7.htm

 

 

 

 

 

日曜日 09時:ホテルを出発して一時間後にピスト中腹に到着。すかさず車内放送で『え〜、今晩はここを21時30分に出てパリに向かいますから(マル)』『えええ?そんな遅くまでここに?って言うか、バスには鍵かけて運転手は21時まで戻って来ない?じゃ着替えとか持ってスキー場に行かなきゃいけないの?』全く、バカンス客を何だと思ってるのか…。

 

部員全員、①ホテルの部屋、または②シャワーと③コインロッカー、④夕食食べる場所の確保、を探しにGo!  誰が誰に指示するまでもなく、手分けしてコインロッカー、スパ情報、夕食の予約、今日のリフト券をゲット!11時過ぎにはリフトで頂上に。今日は2日目だから、準備体操は念入りにね~。

chamrousse-9.htm

 

で、今朝もGrenoble は曇り空…バスで登坂しながらも青空は現れずゲレンデまでが濃霧に襲われ、リフトを登ってゆくの途中でやっと青空が!今日は、霧と雲海が高度をあげていて、最高地点と最低地点を行き来するのは難しいかも。

chamrousse-8.htm

 

chamrousse-10.htm

 

 

 

 

 

お昼は13時45分に約束して、また絶景レストランに…と思いきや、昼時に氷霧は2250Mの頂上まで達してしまって、窓の外はホワイトアウト。レストランの中の7席を、 B部員とA子部員がまたも確保。Bravo!  しかし。。。皆がお昼を食べ終わる頃にもC美部員の姿はない…まさか遭難?急に心配になり電話すると『私はゴンドラの方のピストにいますけれど、皆さんは何処にいるんですか〜?』 『あ、もうこんな時間なんですね〜。今からそちら向かいまーす。』C美部員、マイペースなのか?と思ったら、濃霧に飲み込まれて道に迷って格闘していたんだそうです…。そう、たかが霧、されど霧です。chamrousse-11.htm

 

午後は、流れてくる氷の霧との闘い。頂上近くの霧が晴れた瞬間、今!と滑走しては、途中で霧氷に包まれ、コースの境目をやっとのことで探しながらリフトにたどり着き、を繰り返す感じ。氷の霧の中を通ると、睫毛、眉毛、毛糸の帽子にも氷がついてきます。chamrousse-12.htm

余りに霧が厚く寒いので、部員たちは一人また一人と山を下り、コインロッカーで着替えを引き取ると、予約のあるレストランでアペリティフという流れに。ただ一人、Y部員のみ隣のヴィラージュのスパに向かい、温水プール、35度のジャクージ、サウナをこなしてディナーに遅めの合流。ディナーは、男子がステーキ、女子がフォンデュとサラダ。女子が話に盛り上がる中、男子は沈黙…。どうした?なんの事はない、ステーキの筋が効いてて、ナイフで切るのと歯で噛切るのに苦闘してたのでした。でも、食べ甲斐あったね!chamrousse-13.htm

 

日曜日 21時~21時20分:中腹に停留しているバスに到着し、絶妙のチームワークで部員のパッキングをササッと済ませて、各自シートに沈んでZZZ… 。疲れてると、結構眠れますね。

 

月曜日 05時30分:Denfert Rocheleau メトロ入り口前に到着。パリも寒くて!(◎_◎;) ササッと解散。疲れたけど楽しかったね~。

chamrousse-14.htm

 

=====

【費用など(参考)】

 

・旅行パック:155,00€ *

・リフト1日券:37,50€ x 2 = 75,00€ **

・貸スキー代2日分: 68,00€前後 ***

・土曜日朝食代:11,00€

・土曜・日曜の昼食・夕食・コーヒー等:各自

 

【オプション❤】

・スパ 2時間:25,00€ + 5,00€ ****

・コインロッカー 5,00€ *****

 

* 2人部屋の料金(交通費、土曜の宿泊費、日曜の朝食、スキー場の往復)。3人部屋は150,00€。

** 有事の保険込の値段。もし前日以前にオンライン割引で買っていたら:ウィークエンド券 59,90€

*** スキー・ストック・靴のレンタル費用と盗難/破損保険2€込 なお、表示は中級の値段。超上級、上級、中級、初級のランクによってレンタル費用は異なります。但し、建物の中にほかのレンタルショップが複数あり、そちらの方の値段は調べていません。

**** スパでは、室内温水プール、35℃のジャクージ、90℃のサウナ、ハマム(スチームサウナ)、シャワー、ドライヤー等が使えます。水着のレンタル(5€)は自前を持ってゆけば必要ありません。

***** コインロッカーは、ESF(Ecole de Ski Français) スキースクールのものを使わせて貰いました。

1泊4日の弾丸スキーツアー『雲海の上のスキー場』Chamrousse Alpine Park に行ってきました~” への1件のコメント

  1. 2日目は霧で大変だったようですが、初日はお天気で素晴らしい眺めを楽しめたようですね。雲海の上からのパノラマ。はあ~美しい~(美しさに思わずため息が出ますねぇ)皆さんの楽しい様子が伝わるレポートをありがとうございます!(ACO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>