~オルレアンマラソン~ その① マラソン編

オルレアンマラソンに参加しました!

今回はフルマラソンを二人で走る(20,7㎞&21.5km)デュオマラソンに夫婦で登録。

『できるだけ公共交通機関を利用していく』派の私たちですが、パリの南西130㎞にあるオルレアン、電車だと1時間で行けるけど、日曜日は電車の本数が少なく、10時スタートのマラソンに間に合わない・・・。

なので、今回は大会当日にパリから車で出かけました。

朝からあいにくの☂~~。それも横殴りの雨~&強風。車が風にあおられて揺れる揺れる。161120orleans-1

風力発電所の風車もびゅんびゅん回ってるぜぃ。

161120orleans-2

 

 

 

 

 

ガラガラの高速をびゅんびゅん飛ばし、途中休憩で止まって、1時間40分で到着。

スタート&ゴール地点近くの体育館でゼッケンの受け取り。

161120orleans-3161120orleans-4

 

 

当日登録も受け付けていました。

161120orleans-5

 

こんなゆるーい感じのランナーもいたりして・・・→161120orleans-6

 

 

なのに、ドーピング検査があったり。161120orleans-7

 

 

↑↑↑

参加者数百人、という小規模な大会、が実はフランス選手権の予選大会に指定されているマラソン大会であったり、けっこう高額の優勝&入賞賞金が出たり、時間制限(5h)があったり…、と、このオルレアン大会、まあまあレベルが高い大会だったりします。(1位400ユーロ、2位250ユーロ、3位150ユーロ。その他タイムによっては賞金が出る)161120orleans-8

 

 

オルレアンマラソン、、、とはいいつつ、スタート&ゴール地点もコースもオルレアンの隣街のサン=シラン=ヴァルというところ。

161120orleans-16

 

 

 

 

 

広いオルレアン大学のキャンパス内からスタートです。

161120orleans-9161120orleans-11

 

 

 

 

 

まずはフルマラソンがスタート。

161120orleans-12161120orleans-13161120orleans-14

 

 

 

 

 

デュオマラソンはフルマラソンの30分遅れでスタート。デュオマラソン参加は40組。ジョギングクラブのヒトミさんもオルレアンに住む姪っ子ちゃんとデュオで参加していました。「姪っ子が来ない~」とスタート時間ぎりぎりまで待っていましたが、何とかスタートには間に合ったみたいですね。

第一走者の《満》さんのスタートは見送らず、私は早々に送迎車に乗せてもらってリレーゾーンへ移動。

が、スタート地点から約15分車で走って『ハイ着いたよー』と降ろされたリレー地点。なーーんにもない森の中です。

しまった~。上衣も傘も小銭も 置いてきてしまったぜぃ。寒い。寒すぎてむしろ痛い。しかも雨~。ひゃーーー。今からここで2時間近く待つの??

161120orleans-17

 

161120orleans-18

 

ぶるぶる待っていたら、デュオマラソンの30分前にスタートしたフルマラソンの参加者たちが続々と通過していきます。161120orleans-19

 

参加者はここを2時間半以内で通過しないと失格になってしまいます。

《満》さん、時間内に通過できるか⁇

…と、通り過ぎて行くマラソン参加者たちを見ていたら、よっぽど寒そうだったんだろうな~、私。大会スタッフのムッシューが、「あなた、凍ってしまいそうだよー、よかったら車の中で待っていたら~?」と言ってくれたんですね~。しかもスタッフ用ジャンパーまで「これあげるよー」って言ってくれて・・・・。

なんていい人なんだー!で、それから1時間ほどは車からハーフ地点を通過していくランナーたちを見ていました。161120orleans-20

 

 

 

(ここでデジカメが壊れて動かなくなってしまいました。これ以降写真はありません。)

《満》さんには、『なんか~急にカメラが動くなくなっちゃったんだ~』と言いましたが、…実はですね、そろそろ走る用意をしよう、と車から降りたときに地面に(しかも水たまりの中に)カメラを落としてしまったのだ。(ごめんなさーーい、壊したのは私でーす←ここでさりげなく告白)というわけでこれ以降写真はなし。あでゅー、デジカメ。10年間、いいお仕事してくれました。

 

デュオマラソンスタートから約2時間。デュオマラソンで第一走を走ったヒトミさんが戻ってきた!

『向かい風にあおられて進みにくかったー。デュオマラソンは前にも後ろにもランナーがいなくてほぼ一人旅だったー。コースはほぼまったいらだけど、畑の中をひたすら進む単調なコースを悪天候の中走るのは心が折れそうになったよー。』とのこと。ヒトミさん、お疲れ様でした~~。

デュオマラソンから2時間が過ぎ、…2時間5分、2時間10分・・・《満》さんが戻ってこない。

すわっ、収容車に乗せられて失格になったか・・・?!

・・・と、最後列を行くバイク&収容車に追われてやってくるランナーの一団の最後尾をフラフラ~(←失礼っ!)と、こちらに向かって来る白シャツランナーは・・・・・《満》さんだーーー!

2時間20分くらいでハーフ地点に到着。そんなに悪いタイムでもないんだけど、やはりこの大会、レベルが高いですね。《満》さんより後ろのランナーはタイム制限で失格になったようです。

 

ここから《満》さんからリレーを引き継いで後半戦スタートです。

《満》さんと一緒に最後尾でやってきた一団は、車いすの障がい者を担いで一緒に走るチーム。のんびり進んでいます。

『ブラボー!頑張れー!』とこの一団を追い越して…とりあえずビリではないぞっ!

少し走ると、周りの風景はあっという間に森林と果てしなく続く畑。ここからはずーっと一人旅。

前にも後ろにもランナーが見えない。『もしかしてみんな撤収しちゃった⁇』と不安を感じつつ、畑の中を前へ前へ進みます。

…と、初めの給水所に到着。まだ人がいたー。

『あなたが最後?』(大会スタッフ)・・・・『いいえ、まだ後ろに何人かいます』(私)。・・・きっと最後の人が通過したら、給水所は撤収されちゃうんだろうな~。

よかったー。ビリじゃなくて。

雨は本降りにはならなかったものの、小雨と相変わらず続く強風にあおられながらひたすら前へ進むのみ。

ようやく10kmを過ぎたころから、前を行くランナーをとらえることができました。

そこから頑張りましたよ。私。50人は追い越したな。

《満》さんとの素晴らしい(??)連携プレーで、デュオマラソン42kmを4時間13分でゴーーール!

やった~!161120orleans-21

→→これはスタート前に撮ったゴール地点の写真。

 

 

最後尾を一人旅で走り続けるという大会は今までなかったなぁ・・・ある意味新鮮でした。

『これもありで楽しいかも~』と楽しめました!

悪天候(強風)には泣かされましたが、オルレアンマラソンはパリからも近く、コースは平坦だし、参加人数も少なくて走りやすいし、大会本部の体育館は広くて快適(荷物預けやシャワーあり)だし、スタッフもサンパでよく運営されているいい大会でした♡

 

はい。このあとは『~オルレアンマラソン~観光編』へ《満》さんへバトンタッチです。

写真はないけど(ごめんねー)《満》さん、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>