~ノルマンディハーフマラソン~その② 観光編

スタート地点のノルマンディ橋のパーキングに帰ってきたのが13時頃。

「あーーーお腹すいたーーーーーー!」…というわけで、親子3人でオンフルールの街に車でGO!

すぐ近くなので5分で着きました。

ワタクシ、オンフルールに来たのは20数年ぶりでありますが、人が多くて街がにぎやかなのにびっくり。昔はひなびた港町で静かだったのに…。今、旧港には漁船なんてありません。すべてヨットがとまっていて、現在は「ノルマンディのサントロペ」という感じ。リゾート感が漂っています。

16102normandie-2-116102normandie-2-216102normandie-2-3

 

 

 

 

16102normandie-2-416102normandie-2-516102normandie2-6

 

 

 

 

 

何とか駐車スペースを見つけて、旧港へGO!

「うーーーん。この旧港、たたずまいがいいわーー。絵になるわー」

この建物、崖に立っているので、正面から見ると7階建て。でも裏に回ると4階建てという面白い造りです。

16102normandie-2-7

16102normandie-2-816102normandie-2-9

 

 

 

 

16102normandie-2-10

16102normandie-2-1116102normandie-2-12

 

 

 

 

 

レストランのテラスはどこも満席。今日は天気がいいからねー☀

『何を食べるか』ではなくて、『どこに座れるか?』が重要。椅子取りゲームのように、席が空くのを待っています。

席がないので、しばらく散歩。すぐ裏には木造のサン・カトリーヌ教会があります。百年戦争のあとといいますから、1500年代くらいでしょうか?

 

16102normandie2-13

16102normandie2-1416102normandie-2-1516102normandie-2-16

 

 

 

 

 

パリの教会はほとんどが石で作ってあるので木造は珍しいよね。船大工が作った建物なの16102normandie-2-17で、天井は船底天井になっています。

16102normandie-2-1816102normandie-2-1916102normandie-2-20

 

 

教会の前には蚤の市が開かれていて、アンティック品がいっぱい。うーーん、オンフルールって、漁港というより、文化&芸術の香りがするリゾート地だよね~。

やたらギャラリーが多いし、どこもブティック、レストラン、お土産屋さんでいっぱいです。16102normandie2-21

16102normandie-2-2216102normandie-2-24

 

 

 

 

 

 

ぶらぶら歩いていくと、先日墓参りに行った、作曲家・エリックサティの生家がありました。16102normandie-2-25

木が組んであるノルマンディ風の家の中はサティ記念館になっていますが、時間がないので今回はパス。

サティの家の山側の通りには生粋のノルマンディ人、画家のウージェーヌ・ブーダンの美術館があります。16102normandie-2-26

この画家は若き日のクロードモネにアドバイスをしたことでも知られています。

2013年にパリ8区のジャックマールアンドレ美術館で行われたブーダンのエクスポジションにヨロヨロ行ったのですが、売店ではブーダンの絵ハガキが一枚も売ってなかったのだー(なぜだーーー!?)

これが今回ワタクシは3ユーロでゲットしたブーダンの絵。

16102normandie2-27

 

へっへっへ、いいだろう~~。

 

うーーん、念願かなって大満足であります。

 

 

さて、テラス席も空いてきたのでいよいよレストランで食事。

旧港のテラス席で、天気もいいし(この日は10月というのに気温が20度以上あった)、最高のロケーション。お昼の定食は前菜+メインで14,90ユーロでした。

うーーん、これで14,90ユーロは安い!

 

 

16102normandie-2-29

 

16102normandie-2-31

 

 

 

16102normandie-2-30

 

まずはノルマンディ名産のシードルで乾杯ー!16102normandie-2-28

このシードルがメチャメチャうまかったーー。

キンキンに冷えていたせいもあるけど、ハーフマラソンを走った後に体に染み渡る感じ・・・。アルコール度数が低いので(4,5度)グビグビ飲めるぜぃ。

 

散々待たされて出てきたムール貝がこれ。16102normandie2-32

ありゃりゃ、これだけ??

6月にアミアンで食べたムール貝はもっと安くてこの2倍くらいはあったぞ!

まあ、オンフルールは観光地だからね。ロケーションは最高でも地元料理は大したものはありません。まあ、14,90ユーロで文句言ったらいけないか・・・。16102normandie-2-33

さて、食事もしたし、我々3人組は海へ向かってGO!

オンフルールという街は海ではなくて河口に面しているので、砂浜というものはないのだ。

これがオンフルールの西に10kmほど行った、広い砂浜があるVILLERVILLEの街。

16102normandie2-3416102normandie-2-3516102normandie-2-36

 

 

 

 

 

このあたりがセーヌ川と海の境ですね。

ここで砂の造形作家、巨匠・たく先生によるライブパフォーマンス。

16102normandie-2-37

 

まず砂を掘り起こして。

 

 

 

16102normandie-2-38

 

砂をならします。

 

 

 

16102normandie-2-39

内側もきれいにならして。

 

 

 

 

 

16102normandie2-40

 

16102normandie-2-41

ジャーン、完成~。

 

 

 

~Jジョギング城~です。

 

広い砂浜ではサッカーもできます。16102normandie-2-42

 

あーーー、凧揚げするの忘れたぜぃー。

 

このVILLER VILLEという街、初めて来たのですが、すごく静かでいいところで、どうも昔から潮干狩りで有名らしいのね。

16102normandie-2-4316102normandie-2-4416102normandie2-45

 

 

 

 

 

ちょうど海とセーヌ川の境で貝がよくとれるようです。

たぶん皆さんが採っているのはコック(coque)というあさりとしじみの中間みたいな貝に違いない・・・。

この貝は以前に私もここから近くにあるTROUVILLEの浜で大量に採ったことがあります。でもその時はホテルに泊まっていたので、結局食べずに海に捨ててしまったのだ。

コックはスパゲティボンゴレ風にしてもいいし、セロリをぶち込んで酒蒸しにしてもおいしいし、パエリアみたいに食べてもいいし。鍋物もいいなー、むき身にして冷凍にしてもいいしね。

今度キャンプ場に泊まって、一日中潮干狩りでもやろうかなー。

うっひっひっ。これで楽しみがまた増えたぜー。

さーーて。

今日はハーフマラソンも完走したし。

天気も良かったし。

ブーダンの絵も買ったし。

シードルもおいしかったし。

砂のお城も作ったし。

内容の濃い一日でした。

お疲れ様でしたー。

それではまた来週。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>