2024年パリオリンピックのイベント~PARIS 2024~に参加してきました!

2024年のパリオリンピックに向けたイベントが盛んになってきています。

6月の『オリンピックの日』にコンコルド広場で2024mを走り(レポート)、先日のNUITS BLANCHEではパリの名だたる美術館や名所を見物しながら10㎞を走るGRANDE TRAVERSÉEに参加しました(レポート)。

そして昨日は、『PARIS 2024』のランイベントに行ってきました。

数日前に『10月21日にパリオリンピックに向けたランイベントがあります。』というお知らせがメールで着たんです。

でも内容がよくわからない。

●集合:10月21日 18時 パリ2区・REX

●走る距離:3~6㎞

…これだけ。

REXで何をする?3~6㎞ってずいぶんざっくりしているなぁ・・・。

 

が、『定員あり』となっていたので、(参加無料だし)とりあえず申し込んで行ってみるかー、と向かったわけです。

映画館・劇場のREX。1930年に建てられて歴史的建造物にも指定されている由緒正しい建物です。

P1130568

パリのど真ん中、観光客や買い物客やお勤めの人たちでにぎわっているカルティエです。

…、に、ランナーの大集団。P1130569

 

 

 

 

P1130570荷物チェックを受けて劇場の中へ。

 

この段階でも一体何をするのかよくわかっていません。

でも『ランイベント』なんだから、走るのは間違いないだろう・・・ってことで。

中に入ったら何やら黒服のきっちり正装した人たちに向かえられて、番号を渡されて・・・、そのまま2階の観覧席へ。

P1130571

P1130572P1130573

 

 

 

 

 

なにやら”大イベント”の雰囲気だぞ?

2階のホールで『PARIS 2024』のロゴの入ったおそろいのTシャツを配布されて、観覧席へ。P1130574P1130575

 

 

 

 

受付でもらった番号毎に席に着きます。番号毎にキャプテン(ボランティアスタッフ)がいて、『〇番チームはこっちですよー』『今日はよろしくねー』と声をかけてくれました。

おおー。なんかすごいおおがかりなことになってるぞ。

P1130577

P1130579

P1130578

 

 

 

 

 

入り口付近で配られたチームナンバーは1~40くらいまであり、1チームが約20名。

チームごとにスタッフがついて、REXをスタート、そこから放射線上にパリの路地~路地を走り、いくつかのポイント(ゴール)までの数キロ(この幅が3~6㎞)を走る・・・、ということらしいです。

GPSによって、各チームの所在地がスクリーンに映し出されます。

P1130582

「ランナーのみんな、行ってらっしゃーい」とあいさつしているのはフランスオリンピック委員会委員長の元カヌー選手のトニー・エスタンゲ。3大会金メダルの鉄人、しかもイケメン!。

P1130581

出口に近いグループから順次スタートしていきます。

私たちは全グループ(約40チーム)のほぼ最後のスタート。(19時40分ごろ)

ゴールが決まっているけど、ルートは知らないからスタッフについていくしかない。

P1130583

 

これがけっこうビュンビュン飛ばしていくんですよ。

しかも、交通規制もしていない、賑わっている夜のパリ中心地区。

↑おかげで写真はブレブレです(すみません)

信号待ちの時にパチリ。

P1130590P1130589

 

 

 

 

 

私の入った『チームNO③』はREXをスタートして、サンドニ~レピュブリックを通ってゴールVOLTAIREまで5㎞を30分ほどかけて走りました。(キロ6分ペースなので、けっこうしっかりついて行かないといけないです。脱落者もいました)

 

P1130591

お疲れさまー。

で、チームのメンバーと記念写真(パチリ)

その後すぐに地下鉄に乗ってスタート会場REXに戻ります。

(※地下鉄の切符はもらえました←太っ腹!)

あいにくこの後仕事だったので、そのままほかのランナーとREXには戻らず私は職場へ移動。

しかし、なぜ、競争でもないのにあんなにビュンビュン飛ばしたの??

あとでわかったのですが、2024年オリンピックに合わせて、REXの会場では20H24分から、『2024年パリオリンピックのロゴ発表会』が大々的に行われたようです。

なので、何としても20H24分にREXに戻らなければいけなかったのかな?

私は残念ながらロゴ発表会は見れませんでしたが、(こちら)の動画で昨日のイベントの様子が見れます。

images-200x130

2024年に向けて、パリもだんだん熱くなってきました!

フォンテンヌブローキノコ狩りハイキングに行きました!

去年は猛暑&雨不足のせいでキノコ狩りに行くもボウズでむなしく帰ってきた~フォンテンヌブローキノコ狩りハイキング~。

※去年のキノコ狩りハイキングのレポートは→(こちら

今年・2019年もフランスは異常気象で雨が降らず、10月になっても暖かい日が続いていました。

が、先週から雨続きのスッキリしないお天気でようやく気温も下がってきました。普段なら『うっとうしいなぁ~。雨やまないかなぁ』『寒くなるのいやだなぁ』なんて思っているところですが、今年ばかりは『よし!雨だ!恵みの雨だ!』とワクワク・・・。

そう、きのこには”雨”が絶対条件なんです。

『キノコの育成ポイント』

  • 秋になって、雨が降って気温が下がる。雨が降った3日後くらいがベスト。
  • 適度に草が生えている
  • 湿り気がある

おーー、まさにキノコの育成に最適なお天気。今年こそはリベンジしたい!

そしてハイキング当日。

この日も雨。っていうか本降り。

ほとんどの参加者は『雨だし中止だろうな…』と欠席でしたが、いえいえ行きますとも。雨、気温低下、こんな好タイミングを逃してなるものですか!

『ライバルは少なければ少ないほうがいい』(←BY«満»。)

・・・ってことで、かなりの雨足の中、『とってやるぜい』という本気モードの参加者7名で行ってまいりました!

DSC_4262

 

↑いつもの停留所で下車。

けっこう雨が降ってます。

少し森に入ると・・・。

おーー、ありとあらゆるキノコがあるではないかー。

まさに雨に誘われてブワー――っと出てきた感じです。

DSC_4266DSC_4287DSC_4289

 

 

 

 

 

DSC_4291DSC_4317DSC_4323

 

 

 

 

 

そして森に入ってわずか5分。お目当てのセップ。きたーーーー!

DSC_4305おーー、輝いているぅ。会いたかったよー。セップぅぅぅ。

DSC_4349←下側がスポンジになっています。

この部分を

処理して食べます。

 

 

同じところにはBOLETも!→DSC_4312

 

 

 

 

DSC_4310あるある、あそこにもここにも。

宝を探し当てたみたいで楽しい♪

 

 

 

DSC_4376DSC_4374

 

 

 

 

 

こんなお化けセップもありました。↓

DSC_4359

 

スタートからわずか1時間ほどで袋がいっぱいになるほど取れました。

 

DSC_4361

例年は森の奥まで進んでいってキノコポイントを移動するのですが、今年はスタート地点(線路近く)のポイントですでにたくさん採れたので、あまり移動しないで同じポイントで時間を長くとって採りました。

 

この数日間の雨と低温でキノコが一気に出てきた感じです。そして雨にも負けずやってきた私たちがキノコ狩り一番乗り、で、ドンピシャのタイミングにぶちあたったようです(ラッキー♪)

DSC_4392

↑見てください。この『きのこの山』のような美しいセップを!

 

 

DSC_4382

セップ、BOLETのほか、ジロールも見つけました!

スタートからそろそろ2時間、おなかがすいてきたー。

が、雨は収まる様子はなく・・・。森のど真ん中で隠れる場所もありません。

しかたがないので、ビニールシートを下にひき、もう一枚を頭からかぶってサクサクっと昼食タイムです。

DSC_4405DSC_4407

 

 

 

 

 

↑かなり怪しい集団ですよね・・・。

『もうかなり採れたし、雨もやみそうにないから、森の奥へは行かずにこのままフォンテンヌブローアヴォン駅のほうへ向かおうか』ということになり、昼食後は線路沿いの一本道を駅方向へ向かって歩いていきました。

DSC_4411

DSC_4413DSC_4414

 

 

 

 

20191020_125732

途中には『セップの道』や『ジロールの道』という名のルートがあります。

まっすぐ道を進んでいく間にも怪しいキノコ、セップ、BOLETなどを発見。

DSC_4415DSC_4396

 

 

最後のほうは『BOLETはもういいかー』『形がきれいじゃないセップもパス』なんてスルーしていました。

 

14時前。ゴール地点、フォンテンヌブローアヴォン駅到着。

お疲れさまでしたー。DSC_4422

 

 

 

 

予定より早めに切り上げましたが、今日の成果はこちら。

じゃーーーん。

DSC_4431DSC_4425

 

 

 

 

 

 

今まで何回もきのこ狩りに来たけど今年が一番の大漁。行ってよかった―。

DSC_4434

 

セップ、BOLET、ジロール、家族3人で2時間ほどで約6㎏採れました。

30人から40人前はあるのでは??

オムレツ、クリームパスタ、炒め物、炊き込みご飯、スープ・・・いろいろな料理に使って楽しめそうです。

ちなみに高級食材のセップ、ラファイエットグルメでキロ50ユーロで売られていました。6㎏ってことは・・・おーーー、300ユーロ分?!

今日がまさにドンピシャのタイミングでした。

今週~来週あたりでも間違いなくとれると思います。

セップより少し生育の遅いジロールやアミダケはもう少しあとでも採れるかな?

ただし、11月になって霜が降りるとキノコのシーズンはおしまいです。

ご参考までに。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

♪キノコ料理いろいろ♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

①『きのこオムレツ』

去年参加して全然採れず、『今年はリベンジだ―!』と参加してくれたVERTさんが写真を送ってくれました。

kinoko

なんとっ!キノコが多すぎてオムレツの卵部分がほとんど見えないではないか!

なんと贅沢!

②『きのこのクリームグラタン』

クリームとキノコの相性抜群の絶品。スプーンですくったらキノコがザクザク出てくるー!

kinoko-6kinoko-5

 

 

う、うまい、うますぎる・・・。

 

 

③『きのこのチヂミ』

韓国料理のチヂミにだって使えます。

中から香りのいいキノコが出てきたらびっくりですよねー。

kinoko-4kinoko-3

 

 

 

 

 

④『キノコうどん』

セップがたっぷりの超贅沢鍋。

もう、セップの香りがたまらんーーーーー。

kinoko-2

⑤『きのこのバターソテー』

息子(12歳)が自分で採ったセップで絶品キノコバターソテーを作りました。

見た目はイマイチですが・・・、森のきのこ(セップ&BOLET)100%です。

こんな料理、人生でそうそう食べれません。

kinoko-6

⑥『揚げ豆腐のキノコあんかけ』

キノコ(セップ)のトロトロで増長されたとろみが揚げ豆腐に絡んで最高~♪

香り立つ一品。P1130594

⑦『ラビオリのセップクリームソース』

IMG_3029

 

~BOUCLE DE GARCHES~5㎞×2リレーに参加しました!

11月3日【日】の『第7回 パリ駅伝大会』まであと3週間になりました。

われらJジョギングクラブチームは、2013年の第1回大会の1チームから年々参加チームが増えて、今ではクラブの最高に盛り上がるイベントのひとつになった感があります。

本日までに『Jジョギングクラブ』チームで6チームとお仲間チームで3チームがエントリー済み。今年も盛り上がりそうですよ!

今年は娘(15歳)が駅伝初参戦します。(←駅伝は15歳以上がエントリー可)

・・・・が、普段は全く運動をしない、しんどいことは嫌い。そんな娘が何を思ったか『今年は駅伝に出たい』、と。(←これはいいことだ!)

・・・が、トレーニングするよりもぬくぬく寝っころがってスマホいじっているほうがいい。(←たかが5㎞、されど5㎞、若さで乗り切れると思ったら大間違い!)

 

というわけで、『大会の帰りにおいしいもの食べに行こうよぉ』と、エサで釣って、駅伝のトレーニングを兼ねてGARCHESに走りに行ってきました。

参加した大会はこちら→~BOUCLE DE GARCHES~。

今年で第4回目となるこの大会、10㎞と5㎞×2人リレーの2種目で参加者は約500人ほどとこじんまりした大会。私たちは5㎞×2リレーに参加しました。

GARCHESはパリの西、11㎞ほどのところにある閑静な街。サンクル―公園とサンキュキュファ森の中間に位置する傾斜の多い地形・・、で、マラソンコースは上り下りが多そうです。

profilgarche

駅からゆるーい上り坂を上っててくてく・・・、美しい市役所のすぐそばにある体育館が大会本部です。

P1130557

 

P1130558P1130562

 

 

 

 

 

地元のアスリートクラブっぽい人も多くて、『なんかみんな速そう~』と不安げな娘・・・。

P1130560P1130561

 

 

 

 

練習のつもりで。速く走らなくてもいいから無理せずに、とりあえず戻ってきてリレーをつないでね。

で、スタート!(娘が第1走者、私が第2走者)

スタート地点でのーんびり待っていたら、16分台くらいで1番の人が戻ってきました(はやいっ!)P1130563

 

 

 

その後続々とランナーが通過。P1130565

GARCHESの市内5㎞(正確には5,25㎞)を2周するコース。

スタートとゴールが同じ場所で、リレーは5㎞地点です。

ad4cc1fb9b068faecfb70914acc63395

 

まだかなぁ・・・(ぶっ倒れてたり??・・・とちょっと不安になってました)

P1130567来たーーーー

調子よさそうじゃん!

 

よく頑張った! 後半は任せてね!

 

予想通り、上り下りの繰り返しのコースでした。

『ガンガン追い越すからねぇ』とハハは気合が入っていましたが、ヘタレまくりでダメダメでした・・・。

まあ、それでも2人で1時間4分でゴ――――ル!

やったね!

ゴール後は水、ジュース、ガトー、温かい飲み物、サンドイッチなどがもらえました。

娘も完走できて大大満足。『しんどかったけど楽しかった』って。

『EKIDEN も走れそうだー』と自信になったようです。

 

 

 

 

 

NUIT BLANCHEのイベント~LA GRANDE TRAVERSÉE10km ~に行ってきました!

2002年に始まって、今ではすっかり秋の恒例行事となった『NUIT BLANCHE 』。

”秋の週末に美術館やコンサートホールなどの施設が夜中まで解放されて無料で見れる日”というイメージしかなかったんだけど、今年は少し様子が違うようです。

2024年のパリオリンピックを意識して、マラソンをしながら美術館や名所を回ったり、自転車でPERIPHERIQUE(パリをぐるっと囲む高速道路)を走ったり、巨大な山車を引いてパリ市内をパレードしたり・・・、今年は『スポーツ』をからめた大イベントとなりました。

動画は→(こちら

私は子供たちと、10㎞マラソンしながらパリ市内の美術館や名所を回る『LA GRANDE TRAVERSÉE』に参加してきました。

LA GRANDE TRAVERSÉEは、パリの中心部・コンコルド広場をスタートして、東回りの10㎞コースか西回りの10㎞コースかを選べます。

西回り”COURSE OUEST”は、コンコルド広場スタート、アンヴァリッド・ユネスコ・エッフェル塔・musée de l’homme(人類博物館)・シャイヨ-宮・シャンゼリゼ劇場・ギメ美術館・グランパレ・プティパレなどを回ってコンコルド広場に戻ってくる10㎞コース。

東回り”COURSE EST”は、コンコルド広場スタート、ルーブル美術館・レアール・ユダヤ人美術館・ピカソ美術館・パリ市庁舎・コンシェルジュリーなどを回ってコンコルド広場に戻ってくる10㎞コース。

 

PARCOURS DEF PAGE ACCUEIL_gawh7y0btr

 

申し込み時(インターネット申し込みのみ)に希望のコースを選びます。

4000人限定のこのマラソン、パリ市主催・ADIDAS協賛でなんと参加費無料!太っ腹っ!2024年のパリオリンピックにかけるパリ市の意気込みを感じますね~

(誰でも申し込み可。年齢制限なし。医者の診断書も不要)

なので、小さな子供(5歳くらい?)もいました。”家族で参加”というグループいました。

我が家は私と娘(15歳)&息子(12歳)で参加。子供たちにとっては初めての10㎞。(ずーっと走っているわけではないので”10㎞マラソン”とは言えないけど、それでも10㎞というのは子供たちにとって初めての距離です)

申し込み開始すぐに満員になって、イベントを知って申し込みたい、と思った時にはすでに遅かった、という人も多かったのでは?

私たちは西回りコースに登録しました。

マラソンスタートは22時~23時半。まずはコンコルド広場でブレスレットを受け取ります。(ゼッケンは当日までに受け取っておかないといけません。)

20191005_230229

20191005_231725

 

 

 

 

 

チュイルリー公園の噴水前から、5人くらいずつ、30秒間隔くらいで順次スタート。

西回りコースは、チュイルリー公園を出てまずはセーヌ川沿いを、美しいエッフェル塔を見ながら走ります。

20191005_232538

ライトアップされたエッフェル塔が美しい。

マジに走らなくてもいいから楽~♪おしゃべりしながらゆるゆる~っと。

初めの見学ポイント、『ユネスコ』に到着。

ユネスコ,初めて来ました。セキュリティチェックを受けて内部に入ったら、いたるところに美術品が飾られていました。

20191005_235920↑会議室

『平和の庭』→20191006_000301

おーーー。

すごいー。

 

ここでスタートから約3㎞の地点。

楽しくって、じっくり時間をかけて周りたい感じでしたが、あまりまったりゆっくり見学していたら時間制限(いちおうゴールは午前2時まで)に間に合わないから次に行きますか。

エコールミリテールを過ぎて、シャンドマルス公園へ。

20191006_00092620191006_001121

 

 

 

 

 

次の見学ポイントは『エッフェル塔』。

真夜中のシャンドマルス公園。

真夜中に来るのは初めてだけど芝生には人がいっぱい。エッフェル塔の回りもすごい人。(これって普段からこうなの?ニュイブランシュの夜だから?)

エッフェル塔は以前は自由に足元まで近づけたんだけど、”テロ対策”で、2018年に厚さ6,5センチのガラス壁で覆わる工事がされて、今は2か所ある手荷物検査を受けてからでないと近づけなくなってしまいました。

マラソン参加者はゼッケンとブレスレットを提示して、真下まで行けました。

20191006_00171120191006_002129

 

 

 

 

 

↓エッフェル塔前のイエナ橋は観光客&ランナー&お土産を売る人たち・・・等々ですごい人。

20191006_002423道路に線でマラソンコースが書かれています。それと、ところどころで方向を示した『→』が貼られています。これを目印に進みます。

シャイヨ-宮側から見たエッフェル塔。

20191006_003213続いては『Le Musée de l’Homme  』『Théatre National de Chaillot』『 La Cité de l’architecture et du patrimoine

子供たちは学校の社会見学で来たことがあるらしいけど、私は全部初めて。おっもしろーい。でも階段を上って降りて・・・、で、きっついなぁ・・・。
20191006_003407
P113054620191006_003548
P1130547
P1130548P1130549
P113055120191006_011042
パリ一番の高級ブティック通り、Avenue Montaigneは夜も華やか。
image3P1130553
image3-1
image2-1
20191006_013403
プラネタリウムのほうへ来るのは初めて。
最後が『プティパレ
20191006_013543
そしてコンコルド広場に戻ってきました。
午前1時40分。
20191005_232310
2時間40分かけて10㎞を完走(完歩)
ゴーール!
やりました!
ゴール後はリンゴや水がもらえました。
パリに住んでいるけど、普段は行かないところ、初めての場所にもいっぱい行けました。

待ち時間もなく、これだけの名所を一日でぐるっと回れるなんてとってもとっても贅沢なマラソンでした(しかもタダ!)

楽しかった!子供たちも初10㎞完走(完歩)できて大満足♪
このイベント、来年もするなら絶対絶対おすすめですよ!

ハイキングとGALLY農園野菜へ行ってきました!

ジョギングクラブの秋の味覚狩りハイキング、GALLY農園へ野菜の収穫に行ってきました!

LES CUEILLETTES CHAPEAU DE PAILLEでは、広大な畑に植えられた野菜や果物や花を誰でも自由に好きなだけ自分の手で収穫して買うことができるんです。

LES CUEILLETTES CHAPEAU DE PAILLEの畑はイルドフランスに10農場、その他の地域に22農場ありますが、パリからほど近い場所で電車でも行けるのがVILTAIN農園GALLY農園です。

われらジョギングクラブの秋の味覚ハイキングは、VILTAIN 農園とGALLY農園を一年ごとに交互に行くのが恒例になっていますが、今年はGALLY農園の年。

過去のレポートを見てみると、去年も一昨年も『農園野菜収穫ハイキング』の日は雨。そして今回も例にもれず天気予報は『雨』。

 

ま、ザーザー降りにはならないようだし。そもそもマラソン大会は『雨で中止』ってことがありません。なので、ランナーは雨は平気なんです。というわけで、「確実に雨」の天気予報ですが、参加者18名で元気に出発です!

DSC_3936DSC_3942

 

 

 

 

パリから約30分。SAINT CYRに到着。

DSC_3947

 

 

 

 

 

 

 

GALLY農園まで2,5km、約30分の道のりです。DSC_3964

 

DSC_3954DSC_3960

DSC_3956

 

 

 

 

 

まずはショップエリアへ。DSC_3971

 

 

お天気のせいか、いつもはいっぱいの駐車場も空きがあり、ショップ内の人出もまばら。

 

DSC_3974DSC_3985DSC_3993

 

 

 

 

 

DSC_3995DSC_3997DSC_4004

 

 

 

 

 

GALLY農園には広いショップがあって、野菜も果物も飲み物もガーデングッズも植物も動物も・・・いろーんなものが売っていて、見ているだけでもで楽しいんです。

さーて、お腹もすいてきたし、農園へ野菜収穫に行く前にしっかり腹ごしらえしましょうかー。

DSC_4019

DSC_4020

広いピクニックエリアもこの日はがらーーーん。

 

 

昼食後は1,5km離れた野菜収穫エリアへ移動。

DSC_4021DSC_4026

 

 

 

 

 

野菜収穫エリアに到着すると、入り口にこの日収穫可能な野菜・果物・花の名前が出ています。DSC_4028DSC_4057DSC_4066DSC_4071

 

 

 

 

 

DSC_4070

IMG_2771IMG_2770

 

 

 

 

今が一年で一番取れる種類が多い季節です。広ーい敷地にいろいろありすぎて…、どこから行こう・・・、でも子供たちは 『イチゴ畑』へ一目散~~~。

DSC_4072DSC_4076DSC_4082

 

 

 

 

 

DSC_4085DSC_4088DSC_4095

 

 

 

 

 

DSC_4090DSC_4108DSC_4099

 

 

 

 

 

でも、今年のGALLY農園、ちょっと変です。

異常気象で猛暑&水不足が深刻だった今年のフランス。いつもの年なら熟した採りごろの野菜や果物がたわわに実っているのに・・・、今年は少ない?そして弱々しい・・・。なすは小ぶりで固く、トマトは小さくまだ青く、去年は”お化けズッキーニがゴロゴロ”していたズッキーニ畑もほそーいズッキーニがチラホラあるだけ・・・。

明らかに今年はおかしい。やはり今夏の異常気象の影響なんでしょうね・・。

DSC_4117

DSC_4115

 

 

 

 

 

それでもいっぱい取って大満足♪

2時過ぎ、雨足が一時強くなっていたので、農園で解散とし、皆さんめいめいに帰宅しました。

 

我が家ではこの日の夜、GALLY農場で収穫したズッキーニ、ポワロ―、かぼちゃ等を早速いただきました。自分でとった野菜は最高においしかったです♪

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。